KEIKO KOMA Webサロン

記事削除


未明に電話あり。文章のモデルになった人から、ひどい偏見と思い込み、独断と批判され、すごく傷ついた由。正直な思いを述べたことが、思いもよらぬ結果を招いた反省と、文章を書く責任を痛感し、記事を削除しました。

KEIKO KOMA Webサロン
虹の架け橋
KEIKO KOMA Webサロン
京都にて
KEIKO KOMA Webサロン
高麗さんのアートワークについて