KEIKO KOMA Webサロン

KEIKO KOMA ch.


9月のメッセージを書いてくださってある高麗さんえりかさんの映っておられる、御案内の笑顔が内面にある可能性を開いて下さり、机の上に飾らせて頂いて、出かけました。
1日が終わり、その笑顔に出会えた時、修行のはじまりに微笑をくださっていました。
結工房に行かせて頂いて頂いた5女で一つになってる詩、縄文のコーヒーを頂いた時に御告げ下さって、代表の方が縄文コーヒーから生まれてきた詩を持って下さっていると、みんなと繋がっていて自分の頂いた詩がとても嬉しく楽しみです。
府中の森の千本のケヤキ街道が植えられた原点に立つと、表参道はどこまで続いているのかなあ。。。と、広い道に向こうに何があるのか気になります。
生命の言葉の生まれるサロンに世界でお一人の詩人がおられ、
京都で経験させていただいてきた、生命の詩会が大きく広い会場に移ったように感じたアントレプレヌールサロンでした。
森から出てきて迷子になった椎茸もカフェ哲さんのショーウインドウの上で販売頂いて、なんだか恥ずかしそうですが嬉しそうでした。
高麗さんのビデオ講演会がいつのまにか自分の中ではミーティングになっていて、
新しい生き方を学ばせて頂けて新たに出発させて頂けます。
因果を超えた世界に生きていける世界をつくって頂いて、その生き方ができると
生命はとても清々しいです。
チケット一枚コーヒー一杯からはじまる朝です。
いだき先生、高麗さん、誠にありがとうございます。

梅本佳代

KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター風のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
ウラジオストクにて
KEIKO KOMA Webサロン
こんばんは