KEIKO KOMA Webサロン

阿弖流為の涙 盛岡高句麗伝説


3日間の得難い高句麗伝説の経験をありがとうございました。
また、今日は焙煎の数々のお写真、息吹溢れるコーヒーの輝きに元気をもらいました。

弘前の高句麗伝説を経験して、勝手に盛岡はフェードアウトして穏やかな空気感と予想していたのが大きく外れました。
空間は大きく解放され、山々の頂から平野を眺めるように穏やかな眠りに包まれるような満たされた大地を感じました。直径がわからないほど大きな木が天へ天へと伸び、大きな木に包まれるような暖かさを感じました。そこまでは予想通りだったんですが…

とにかく先生の太鼓の迫力がすざましく、大きく開かれた空間に果てない響きをもって時に大きく時に小さく伝播していきました。渾身の力で演奏されていることを体で感じ圧倒されていると、突然押しつぶされるような迫力の強烈な存在が顕れ、高麗さんがぴたりとはまるタイミングで阿弖流為の詩が始まり、この存在が阿弖流為なのだとわかりました。

ものすごい圧迫感で私の体を裂くように内側の宇宙に入り込むと、水色の存在が顕れ、阿弖流為と思われる存在を慈愛溢れる柔らかさで包み込んでいきました。本当に奇跡をみているような美しい光景でした。
融合し阿弖流為の想い昇華され光の粒子となり、限りない歓喜の波となって空間に拡がっていきました。光の粒子がまるで阿弖流為の涙のようで、私も感極まりました。歓喜の波がどんどん空間を拓き、私も嬉しくて開演中なのに阿弖流為が解放された喜びを表現したくなって困りました。

不勉強で私はほとんど阿弖流為がどのように生きた方なのかよくわからないのですが、昔生きた魂も今を生きる魂も、好きで苦しみや悲しみを抱えていたくはないのだということが歓喜の涙をもって切実にわかりました。仙台の高句麗伝説でも感じた女性の想いも、ずっと解放の時を待ち望み、押し込められた想い大地が受け止め、まるで病変を抱えるように大いなる存在がいつも共にあったのだと感じ、弘前の高句麗伝説で感じたその痛みを感じました。

苦しみや悲しみを手放し
もっと幸せにもっと自由に生まれ変わる
新しい愛の時代に

個人的にも時代的にも本当に大きな転換期の3日間の高句麗伝説で、まさに生まれ変わるほどの経験でした。東北は生まれ変わる…そう感じました。
素晴らしい3日間をありがとうございました。

KEIKO KOMA Webサロン
マドリードのギャラリーにて
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山工房より
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター風のホールにて