KEIKO KOMA Webサロン

生命


なんの役にも立たないことを証明してしまう日々、辟易。でもありのままから、しか 次へ行けない。
ごまかして飛び越えても
かえって空洞ができズレができて
重い時間がくっ付くだけ。
最近はありがたい事に重くなる前に早々に落ちて行ってしまう。落ちて落ちてそのあとさらに何か生まれるか。

生命のふね
手掛かりのない宇宙の海原へ
進水して行く
堂々たる華やぎが聞こえる
死がすぐ側にありながら
死と華やぎと両方の中を
生命が進んでゆく

先生の陶器、アップありがとうございます。

想像を絶する器。轟々といのちがもえている。今までになかったものすごい次元の違う生命。

KEIKO KOMA Webサロン
二周年記念、スペシャルブレンド、(続き)
KEIKO KOMA Webサロン
最終の指示です。
KEIKO KOMA Webサロン
モスクワ コンサートホールにて