KEIKO KOMA Webサロン

無我夢中


東北センターでの語る会、ビデオ講演会に参加をさせて戴き誠にありがとうございました。
介護の仕事の事で先生からいろんなお話をお聞き出来、また先生とお話させていただく中で、いろんな事を思い出し本来の自分を取り戻せていったように感じました。ありがとうございます。いろんな問題や課題はありますが、NPO高麗のご協力を頂けますディサービスを始める事は、経営者として成長出来る最大のチャンスと考えています。

先生から尋ねられ、制作活動をしていた時のことを少し思い出しましたが、まず、光を表現したかったこと、素材を活かす事を最優先に考え、無我夢中で四六時中考え手を動かしている中で、閃きやアイデアが浮かび作品を作っていました。当然、自分がつくりたいものだけつくっていたので、人の意見は全く関係ありませんでした。制作する中で自分自身の内面が深まり成長しないとだめだということにも気がつき、限界を感じたので制作活動は一切やめました。私が本当にしたい事は、先生と高麗さんのことをお伝えすることです。高麗さんのマーブリンク等の作品群は、次元が全く違う別格と感じています。私が制作するよりも、高麗さんの活動や作品を紹介する側でいった方が、世の為人の為になると考えています。先生と高麗さんはどんな時でも真正面から向き合い人を助けてきたことを知っているので、高知で裏切りがあった時、私の力不足で講座に人を集められなかった悔しさも思い出しました。経営者になったのも介護をやりたかった訳ではなく、経営者になって成功した方が講座やコンサートを紹介し易いという考えがあった中で、たまたま介護の仕事をするという流れになったからです。

「アフラマズダ第一弾」の北上コンサートが終わった今、加速して世の中が変化していくだろうし、私達もど真ん中で生きていないと飛ばされると感じています。今、コンサートのチケットをお預かりできる幸運も身に染みて感じています。とにかく無我夢中で向かっていこうと考えています。
宜しくお願い申し上げます。ありがとうございます。

塚崎知美

KEIKO KOMA Webサロン
4月25日以後のコンサートについて
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて
KEIKO KOMA Webサロン
東京にて