KEIKO KOMA Webサロン

東明王様にお伝えしたいこと。


突然に降って湧いたような書き込みにて失礼をいたします。自分はとぼけています。今年に入ってから特にですが、東明王様の悲願のお言葉に、私のことでないこの身の深い深い所から湧き上がる涙と、この時をずっと待ってきたことが報われる喜びとが入り混じった抑えられない感情が溢れ出てきます。これは明らかなことでありますが、実際には私などは及ばないことで、私は演技しているに過ぎないと戒めてきておりました。ですが、込み上げるものはどうしようもなく、本当であろうが演技であろうがそのまま受けとめて行こうとあります。自分はボランティアではありませんが、私の本心はただ傍観しているのは出来ないのであります。全くもって至らないのですが、自分がお伝えするのは必ずや誰かには繋がっていると心からお伝えに参りたいと心にあります。生活において、あまりに無駄が多くあるのはわかります。正直捨ててしまうには惜しい物や事の判断がつけられずにあるものも、早く決着をつけなくてはならないでしょう。今この時ほど自由へと羽ばたけるときはないと心が広がります。

ありがとうございます。

田嶋利江子

KEIKO KOMA Webサロン
レバノンより
KEIKO KOMA Webサロン
高麗ギャラリーカフェにて
KEIKO KOMA Webサロン
山元町からお出でくださいました