KEIKO KOMA Webサロン

未知


先月の社長室ランチでの 高麗さんの御一言をヒントに、NYの友人と連絡を取り、心模様作品を展示販売できる空間を探し始めました。真夜中のNYとのやり取りは楽しく、国際電話もSNSで繋がっている相手とは無料でいくらでも話せ 世界は本当に近い と実感します。ですがやはりインターネットで見るスペースが実際どのようなものなのか、NYの友人は「面積と予算がどれくらいか判ったら絞って話にいける」と言ってくれるのですが、単純に予算や敷地の問題でなく、人類史上初の衣装やファニチャーが居心地良く彩られる空間 には実際見て歩かないと出会えない、と痛感し…。先日の高麗屋サロンで 高麗さんに「直接行ってみないと判らなくて、行こうかなと思っています」と発言したと同時にNY行きを決めました。翌日、一年を切っていたパスポートを新たに取り 本日チケット申し込みも完了しました。4月末からの体調の変化激しく、発熱が治まらない中で動いておりますが、高麗さんが 仙台の Kogryo Cafeで書かれた詩書『美しい香り誘われ 共に歩む 向かう 未来は未知』。この詩を胸に、未知なる美しい処を求めて参ります。いだきしん先生の音楽が流れる中、マーブリング作品が窓辺にそよぐような空間がマンハッタンに出現…。想像しただけでわくわくです。本当は ’どこでもドア’ があったら今すぐにでも行けるのに、と思っていますが 辛抱して日々大切に生きます。いだきしん先生、高麗さん、いつの時も真にありがとうございます。
岩村ゆかり

KEIKO KOMA Webサロン
モスクワにて
KEIKO KOMA Webサロン
「高句麗伝説」
KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて