KEIKO KOMA Webサロン

書とお写真


昨日、コーヒーの駅ナカ販売の時、好太王碑の前の高麗恵子さんと、「好太王談徳」の先生が書かれた書の高句麗伝説コンサートのパンフレットに立ちどまり、「この書は…?」と訪ねてくださる方がいらっしゃいました。「この年になって、自分の源流をたどらなければ、バラバラになってしまいそうな事が家族の中であった…」と、おっしゃいました。あらためて、先生の墨文字、筆の運びを心のなかになぞっていきました。好太王碑と高麗恵子さんの真っ直ぐにかさなるお写真と書がかさなって、すごいパンフレットのつくりなのだと胸が潤み、一字一句 活動概要まで読み直しました。じっとしていられず、無理だとおもっていたスケジュールをかえる事ができ、今朝 京都にこれました。外せない12/24.25.26の高句麗伝説に向かっての、最後の講演会の機会をありがとうございます。今、この時をありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
ロシアより
KEIKO KOMA Webサロン
山元町 結工房より
KEIKO KOMA Webサロン
内面が取り巻く環境をつくります。