KEIKO KOMA Webサロン

心模様花器とお花


昨日、家族でひらいているカフェの床を磨いたあと、お花があったらなと、近所のお花屋さんにいってみました。買いたいお花がなかったので、母が毎日お水をあげていた植木のあるところに自然といってみると「切ってもいいよ」と言われた気がしたお花を、心模様の花器にいれてみました。
外営業から帰ってくると心模様花器とお花の席に母がお世話になったお客様がすわられていました。お客様が「お花をみているとお母さんがいるみたいで…」と言われたのでびっくりしました。心模様の花器は、姉に高麗さんがおみたてくださり「都の華」とおっしゃってくださった花器です。内面深くわかってくださる方がいつもいらっしゃるから、前にむかえること、またそれを感じてくださるお客様がいることに感謝があふれます。
今は、母の茶道具だった柄杓で珈琲を淹れてみています。竹にお湯が通るとまあるい味わいになって、胸がふんわりうれしくなります。
結工房 先生焙煎珈琲をありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
仙台にて
KEIKO KOMA Webサロン
ウラジオストク KOMAギャラリーにて
KEIKO KOMA Webサロン
盛岡にて