KEIKO KOMA Webサロン

彼岸過ぎて


【季節の変わり目か、なにか元気と疲労が目まぐるしく現れて、書き込みができない日々でしたが、今日になって、少し回復しました。木曜日の応用講座が待ち遠しいです。言語化できると元気になります。】

彼岸過ぎて

なぜか会下山の火葬場の方に惹かれて、そこから古代人の住居遺跡を抜け

蛙岩、深江山ノ神を経て、風吹岩、雨が峠を通り、七曲りから六甲最高峰へ

ほんとうは裏六甲、唐櫃台辺りの山里の真っ赤な彼岸花を見たかったのだが

ひと月ぶりの山歩きと、残暑の厳しさと、時間の遅さもあって、山上散歩だけ

それでも七曲りは30分で走破! なにか従来の自分を取り戻せたように思う

 

生活は日を追うて苦しくなり、体調もすぐれず、ひとり孤独と老齢を哀しむ

こう嘆いていても仕方ないのは十分承知、だから、それは向こうに追いやって

頑張って本を読み、仕事に精魂込めて、疲れたら深い眠りに落ち込んでしまい

さまざまな煩悩を野放しにして、他者の悩みや苦しみに耳を貸し、迷走し

山道にどんぐりの実を拾い、見晴るかす景色に気を遣り、深い息をするだけ

 

野の末に彼岸花をくわえて立っていた狂女は、どこへ行ったのだろうか

案外わたしの傍にいて、きっとあの人がそうなのかもしれない あの笑顔

そうか、もう彼岸は過ぎたのだから、全く新しい人間関係を創っていこう

彼岸に渡る準備は何もしていないし、此岸で悲喜こもごもでいい、仕方ない

狂女に再開できなくともよし、しかし諦めもせず、自然を受容しながら……

KEIKO KOMA Webサロン
新五女山
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市公会堂 光のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
結工房より