KEIKO KOMA Webサロン

台風通過中


マスコミが「非常に危険な台風」と騒げば騒ぐほど、嫌な気分になり、なに大したこともあるまいという思うのは、どうしたことだろう。「大本営発表」以来の不信と、大衆の興奮への嫌悪が、私の中に根強い。「みんながそう言ってるから!」!が大嫌い。で、「不要不急の外出」は控えるべきなのに、芦屋の塾まで、やってきてしまった。で、自分の判断の甘さを思い知った。山用の雨具に身を包み、荷物にはビニール袋をかぶせ、用意周到のはずが、強風に煽られ、何度も転倒しそうになる。そして、塾の木造建築を揺らせるほどの風と雨の中でこれを書いている。台風はまた来てないし、西側でこれだから、直撃する東海から関東には、すごい被害をもたらすのかも。今回は、”オオカミ少年”ではなかったようだ。

コーヒー好きが高じてコーヒー店を起業した男が、6年で店をつぶしてしまい、姉家族に寄食するという設定のドラマが今夜放映されるそうだ。「働くのやめた」そうだ。それでも暮らしていけるのなら、他人がとやかく言うこともないのだが、その「無気力」が気になる。同僚も、「夜中間違っている!しかし、それを正すべく行動しようなんて思わない。片隅で何とか生きていけたらいいのだ。」と気取っている。「アナーキー」がいいと。反権力、反権威、反政府の立場だけれど、「起業」や「創造」をやめたくない。一回くらい倒産したって、他人に借金しようが、やりたいことを続けたいものだ。

明日、徳島の剣山に行く予定だったが中止した。パワースポットに行って、やる気を高めようと誘われたのであるが、レーダーで見る限り、明日の昼までは、四国の山に雨は残るらしいので、今回は見合わせた。台風の威力に改めて恐れ入った感じ。

KEIKO KOMA Webサロン
比叡山へ向かう道中にて
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター風のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
ヤマハホールにて