KEIKO KOMA Webサロン

スカイロケットセンターにて


ビデオ講演会に参加をさせて頂きました。長い歴史の中で、自分にも引き継いである、先人たちの生きてきた心の道のりは、自分が想像していた以上に辛く悲しいと本日のお話の中、気づき、哀痛の様なさざめきが身のうちに広がりました。こんなものを引き継いでしまったのだなとも、ただ認めることのみです。以前勤めていた頃、何故か折り合いの悪い名字がありました。その名字の方々とは、トラブルがあった訳でもなく、相手がこちらを気に入らない様子でありました。会社を辞めて随分と後から、古では敵であった名字とわかり、驚きました。現代の時の蓋が押し上げられ、恨みや悔しさが溢れでていたのか、相手の中の先人が、剣を構えていたのだとわかります。しかし、現代の私は、恐らく相手も仲良くありたいとあったのだと考えますが、なかなか難しかったのを思い出します。
こんな過去の、自分が造ったものでないのに振り回されるのも、次元の低いことに感じます。そして、変わらずある自分から何故自分はこうなのか、自分で自分を裏切るのかと問います。先生が以前応用コースかの最後に「もっと自分を大事にしないといけない」ことを仰ったのが、ずっと心にあります。正直、やりたいことをすることが自分を大事にすることなのかと、その時に驚いたのでした。自分では、主体性も一貫性もここが基盤となるとも今、感じております。自分をそんなに粗雑に扱っているつもりはないのですが、しかし、もし赤子を育てるなら、きっともっと大事にするだろうと至りました。正直、未来は無です。自分でもどう描くのかわかりません。しかし、自分の中心に忠実にありたいと感じます。 

田嶋利江子

KEIKO KOMA Webサロン
社長室ランチにて
KEIKO KOMA Webサロン
こんばんは。
KEIKO KOMA Webサロン
エチオピアからの方と八坂、京都にて