KEIKO KOMA Webサロン

「All in One」の未来創造事業


約40年前に いだきしん先生が日本で初めての特別養護老人ホームを創られたことで多くの人が助かっている事実は今なら誰もが認めることでしょう。先生が仰るようにそこから波及して生まれた雇用や新規事業、作られた施設、使われた日用品等々、様々な方面の効果を統合した経済効果はこの40年で計算すれば国家予算の数倍から数十倍に匹敵するとのお話はよく理解できますし、それを応用コースのオンデマンドでお聞きしてから、もっと全体像をお聞きしたいとずっと気になっていました。いだきアントレプレナーを目指す一人としては、これほど学びに溢れた未来創造事業の実践例はないと感じましたので、一昨日のアントレプレナー講座でも色々と質問させていただきました。

誰もが右肩上がりしか考えなかった高度経済成長時代に数十年先の破綻社会の到来を見通して構想された「人生を豊かに暮らす」福祉施設であり、コミュニティセンター的な役割やまちづくりに繋がっていくものだったことが、当時は奥様以外には通じなかったとのお話でした。しかし、その “周囲から共感を得られない!? ” 社会事業を実現するために先生が実行された策は実に様々だったことが今回よくわかりました。

全国の先進事例を歩くことはそのうちの一つですが、先生が求められたことは今回の応用コースでもお聞きした、高齢者がいつまでも「創造活動をし、イキイキ生きられる空間を創る」ことだったと私は理解しました。さらにそこで働く職員たちは「芸術家」の高齢者と共に日々楽しく創造的に生きて、違和感なく「高齢芸術家」に寄り添える人間力が必要でした。先生はそのような人材を育てるヒントを得るために一流ホテルに泊まり込み、一流のサービスやサポートを自ら経験されたということです。

同時にそのホテル住まいの期間を、ご自分が本当にやりたいことをわかるための先生独特のユニークな創造の場とされていました。先生のお言葉をそのままお借りすれば「無私」の状態で生まれ出る本音を探しておられたということだとおもいます。部屋はツインを借りて、ベッドの一つには真っ白な紙片を並べて広げていたということでした・・さらに・・ふっと見上げた空に現れた答え・・!?、お聞きすればするほどその破天荒で独創的な創造力は「人間とは?」を理解する上でとても高度なヒントに溢れています。

また、国の補助事業を通すための官僚との闘いなどについては、これまでお聞きしていたことはありますが、それらのご苦労とはまた全然違う局面で人間性豊かな発想と行動力の連続で事業を仕上げていかれました。それらの動きをお聞きしているとまさに「 All in One人間」だからこそ即興で行動し、一方で計算し尽くされた緻密な勘ピューターともいえる頭脳の働きが一つになって実現させていった偉大な社会起業家、アントレプレナーのお姿が浮かび上がります。そこまで考え尽くされた人間的な事業であったので、必然的にその40年後には莫大な経済効果をも生み出した稀有な未来創造事業であったこともとてもよく分かりました。

「人間的な、あまりに人間的な」先生のプロデュース力は今回の応用講座で教えていただいた All in One パラダイムシフトの具体的な実践事例そのものと感じます。すでに40年前からAll in One 人間として活動されていた先生がやっとわたしたちにAll in One パラダイムシフトへの秘伝をコーヒーまで用意して伝えていただいてるということだったとアントレプレヌールサロンを経て理解します。

そして、スマホの進化はすでに暮らしの道具、ビジネスの道具としての要素が十分装備され、「Aii in One 人間」に対応した「All in One 道具」まで揃った時代となりました。時代状況、環境はここまでになって、・・さて、いだきアントレプレナーへの道は? 「やはり自分がどうするかよりない」とあらためて自覚する大変貴重なアントレプレヌールサロンを経験させていただきました。

いつも本当にありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
東京にて
KEIKO KOMA Webサロン
実現のとき
KEIKO KOMA Webサロン
スペインのデザイナーの方が駆け寄ってきました