KEIKO KOMA Webサロン

「あるのは、いのち」


京都での上映会、ビデオ講演会、応用コース、そして国創りの神様が出現したと感じるびわ湖ホールでのいだきしん 先生のコンサート、真にありがとうございます。

先生が再度編集してくださったとお聞きする1月11日狛江での高句麗伝説上映会は、以前の時とはまるで違う高句麗伝説で「言葉」の威力を体験します。ここ数週間、生きている自分の状態がどんどん変化することから、先生が怨霊、死霊、生霊をどんどん整理してくださって、コンサートで表現してくださることで空間が変わるということを自らの体の変化、気づきからわかっていきます。やる気なるものも結局は死霊により為しているだけで、自らの意志で動いていることなんてないことも思い知ります。ましてや精神なんてあるのだろうかという状態で、それでも先生に、高麗さんに会いたい気持ちは、もっと元なる生命から欲していることを感じます。高句麗伝説上映会では、東明王様のいる五女山城の息吹を感じ、武蔵野の大地に高句麗第19代王好太王後裔という言葉の響きに感動し、高麗源一様の存在と新しい国創りが三鷹から始まると告げていることに5月の高句麗伝説へと向かう道をみます。450万年前の人骨ルーシーの発見場所の映像と音楽、そして高麗さんの言葉、「  何もない  。あるのは、いのち」に生命の神秘と可能性に感動します。ビデオ講演会前、先生が淹れてくださったコーヒーを高麗さんのそばでいただきながら、高麗さんを感じるとまるで自分が大宇宙の真ん中に抱かれて浮いている様でした。高麗さんの深く広大な生命に驚きながらも、受け容れる生命を感じ、自分の状態が何もない状態でなければ申し訳ないと感じました。ビデオ講演会では、特に親の生霊のお話には大変納得できるものがあり、抜け出すには先生にお会いすることと自分で生きていく力をつけるよりありません。応用コースでは先生の存在が生命体そのものを変えることをしておられる方であることを、天皇退位が憲法違反であること、権力により憲法までも変えられることに、精神がない状態では簡単に生命をもっていかれる危うさを感じ、権力からの自由な生命、体制に組しない自律を実現していける力を得られる翌日のびわ湖ホールのコンサートのお話を伺いながら、生命賭け演奏されることにただ畏怖と感謝よりありませんでした。コンサート当日は天候が目まぐるしく変わり、ある時から先生がリハーサル演奏されていると感じる瞬間がありました。母と山道を琵琶湖のコンサート会場に向かう道中、虹を見て、マザーレイクが先生に表現されることを喜んでいる様に感じました。第1部では、先生の音の連続によりどんどん湖底へさらに湖底を掘り下げていってると感じ、ある瞬間から光に出会え、まるで違う世界へと抜け出ました。2部では宇宙空間とは地球でもある次元で生きてることが宇宙空間で生きていることかと、今までの時間とは別の時間があると感じたコンサートで本当に1回1回外せないと痛感して、何とか全部のコンサートに出れる様に考え仕事しないといけないと考えます。20倍は光のスピードでやれること。コンサート空間で生きることが連続していくことを努めます。

明日からは新しい仕事もはじまり、新たなる人生を歩みます。

先生、高麗さん、ありがとうございます。

比叡山でのマーブリングのお写真に感動です。仙台高麗屋さんで拝見できる日を楽しみしております。

KEIKO KOMA Webサロン
淡路にて
KEIKO KOMA Webサロン
こんにちは。
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて