KEIKO KOMA Webサロン

雪降る比叡山にて


今年もいよいよ最後の一日となりました。3日間連続、比叡山で窯入れとベネテイアンネックレスや詩書を書いたりと、制作をしていました。外は、雪が降っています。朝となり、窯入れが終わった今日は、薄炭色した朝の空に、墨で絵を描いたような山々と雲が浮かび上がるようにあらわる風景に、日本のことを想い、良い国となりますようにと祈る気持ちで、幽玄なる世界を仰ぎました。

自然の時間と、時計を見る時間との違いが大きくわかる今日という一日でした。多くを学びます。そして、年内には、過去を脱ぎ捨てという目標が頭を霞め、気を抜いては過ごせないと気持ちを引き締め、活動開始です。今日も、窯から出てきた先生の器、壷と出会い、多くを学びます。ちょうど、ニュースを見ていた流れで映った番組にて人間国宝の刀鍛冶がお話されている場面を見、胸が動きました。インタビュアーが色々と説明言語で話していると、難しいことはわからない。ときっぱりとおっしゃり、仕事をする時は仕事をするだけ、との一言が胸に届きました。考えている時は仕事をしていないとのお言葉も、心に響きました。昨夜の窯の中の炎や先生の器から聞こえるメッセージを思い出し、多くの言葉よりも、言葉と行動が一致しているとそのまま意味もわかることを経験します。私達は生命とひとつの言葉が人間とし生きることを教えていただき、講座、コンサートでは生命の言葉がわかり、生命とひとつである言葉がどれだけ大切かを身に沁みわかる毎日を生きています。来年は、完全に生命とひとつの言葉を表現し、生命に偽りない、言行一致を目指します。

今年最後一日であります大晦日は、八坂「高麗ギャラリーカフェ」は休業させていただきますが、今年最後のビデオ講演会の公開収録を4時から開催させていただきます。ビデオ講演会前後のカフェのご利用は出来ますので、京都にお出での御方は是非いらしてください。新しい年の幕開けと共に新しい生命を生きる人生がはじまると考えると緊張し、今までにない未知なる世界へ向かう躍動を感じます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
いのちの食 キッチンラボより
KEIKO KOMA Webサロン
モスクワ コンサートホールにて