KEIKO KOMA Webサロン

表現


阪神淡路大震災の時、私は6歳でした。当時は幼いながら大変なことが起こったと、周りにいる大人たちの様子が普通ではなかったことから感じていたことを覚えています。
朝方、いだきアントレプレナーへの道の冊子を読んでいました。冊子を開くとS.T.コンサートから始まります。私はS.T.Oneの熊本県南阿蘇で開催された「響ー愛・平和」のコンサートから参加させていただいています。そこから沢山のコンサートに参加させていただき、いだき講座も受講させていただき、沢山の催しにも参加させていただきました。自分の人生は常に一人ではなかったことを改めて実感し、沢山良い経験をさせていただいている人生には責任があると感じます。その責任を果たせるよう、今年は限界を超えて動いていきます。
仙台に先生と高麗さんがいらっしゃいました。仙台高麗屋のビデオ講演会にてお話くださったことは図星、図星の連続で、この先生きていけるように表現してくださっていることは明らかで感謝よりありませんでした。毎日表現し、生きていくことが人間であることを学び、毎日実践することが生きることとわかり、続けていきます。
日付は変わり、今日となりましたが、結工房にての焙煎、宜しくお願い致します。
ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
ありがとうございます
KEIKO KOMA Webサロン
新五女山コーヒー
KEIKO KOMA Webサロン
京都 八坂にて