KEIKO KOMA Webサロン

次へ


おはようございます。2日間の迎賓館そして3日間の高句麗伝説をありがとうございました。神業の5日間と考えます。今朝は、年末年始のことを考え、次へ、という気持ちになりました。先日の府中の森コンサートがあまりにも素晴らしく、また子供達も大きくなった事で、来年は1日のお餅つきから参加させていただきます。毎年元旦は家族でゆっくりダラダラ過ごしていましたが、来年はお母さんもはばたく事を宣言し、年末にみんなでおせちを作ってから再度京都に向かいます。朝に駅のホームで、ふと1年があっという間に過ぎた事を考えました。1年が昨日の事のようです。嘘はバレるとお聞きする間もなく、人の裏切り、嘘が発覚し、掌返しの有様にこれは何かと考えた1年でした。男女の関係、お金には悪魔が入り込むのを自ら経験し、目の当たりにしました。こちらが何も言わない事で、嘘をついている側が更に嘘をついているのがわかります。偽りは明らかになる事に望みを託し、自分が変わるしかない事を考えました。
少し前に先生よりメッセージを頂き、それからずっとその事を考えていました。最初はその意味がすぐには理解できませんでしたが、間も無くそれは自分の情である事に気がつきました。情は闇と繋がっている事も今はわかります。生きてほしいから、という言葉1つ、本当にありがたく心に沁みます。 次の世代の為にも、次へ向かう気持ちです。
今朝も顔を丁寧に洗い仕事場へ向かっています。日々の働きを心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて 即興詩3
KEIKO KOMA Webサロン
オールインワン パラダイムシフト第2弾
KEIKO KOMA Webサロン
ミュージアムにて