KEIKO KOMA Webサロン

ビデオ講演会の威力


スカイロケットセンターでのビデオ講演会を聞かせて頂き、一つ一つのお話に目が醒めました。
青森の高句麗伝説、そして三内丸山遺跡でのコンサートが開催された時はその一年以上前から通い続けて出会わせて頂き、東京での高句麗伝説にご参加下さり、高麗さんに出会われ号泣したお二人は講座を受けたいと仰って青森に帰られました。数日後、私が青森での 講演会にむけての活動のため行った時にお会いし、講座のお勧めをすると、講座を受講したいお気持ちがありながら周りの目やお金のことを気にして1時間以上グズグズと悩んでいました。相手を感じながら気持ちを表現して行き、ある言葉から突然動き、お二人とも受講を決められた時は三人で手を取り合って泣き、夜ホテルに帰った私はすぐにお二人の往復の新幹線、ホテル、を予約し、青森からの帰路、お二人をお連れして帰りました。あの当時と今は全く違いますが、言葉を選んだりもせずただひたすらお二人の人生を考え、講座のクロージングをした時の必死さがまるで足りなかったと気がつきました。その時の話し方を同じようにできるかは相手との関係性もありますし法律などの問題もあるのでわかりませんがこれからの日本のこと、世界のことをお聞きした今もっと必死になってお伝えしなければと感じます。ビデオ講演会をお聞きした後、改めて今日商品を発送する予定だったお客様の荷物にコンサートのご案内や、チラシ類を全てファイルに入れ同梱し、メールにて商品発送のご案内をしつつ、コンサートチラシの同梱のお知らせとコンサートの簡単なご紹介をしたり、他の方にクロージングのメールをしていましたら、既にコンサートにいらっしゃる方から一枚追加できないかとご連絡を頂き、とても嬉しく、ホッとしました。ここ数日どうも伝わるように話せていなかった状態から抜け出せたと感じました。

今までと同じに生きていくのはやめ、毎日新しいことを一つでもやり、能力を上げて行こうと感じます。

高麗さんのお言葉は求めていたことの答えであり、ヒントであります。お聞きしていると生命全体で気づいたり、実感したりします。類いなき、素晴らしいビデオ講演会をありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター 風のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
4月25日以後のコンサートについて
KEIKO KOMA Webサロン
杉並公会堂 大ホールにて