KEIKO KOMA Webサロン

いだき講座はじまりの日に


いだきしん先生 高麗恵子さん

そして運営に携わる関係者の皆様

いだきをはじめてくださり、そして今日まで世界各地でのコンサート、学びの場と機会を創ってくださり心より感謝申し上げます。

本日はオンデマンドにて群馬県桐生市より視聴いたしました。

コンサートが始まり、澄み渡った空と赤城山に沈む夕陽はとても神々しく、TVディスプレイに映る、恵子さんの美しいオレンジ色のお召し物が夕陽と共に光り輝き、いだきしん先生の空色のお着物はまさに澄み渡る空(宇宙)そのものでした。

いだき講座を受講時のノート、そして「生命を癒す」いだきしん先生著書、「時の威力」高麗恵子さん著書を再度熟読し、今だからこそ理解できることが沢山です。
受講時のことを振り返ると、私自身はただただ、涙が止まらず、嗚咽と共に泣き続けた事、身体を恵子さんに調べていただいた時の身体の黒い部分の多さ、いだきしん先生が油汗を流しながら演奏して表現してくださったこと思い返し、頭があがりません…改めまして、受け入れてくださり、命を助けていただき、本当にありがとうございます。

私は、いだきを受講した頃はコロナ禍真っ只中、3ヶ月間は東京で事業をしながら住所不定でホテル暮らしでした。予算の都合上3歳の息子は元夫に預け90日間息子と逢えず、またこのタイミングで乳離れでした。90日ぶりに再会した息子と六本木高麗屋さんでケーキを一緒に頂き、相当疲れていたようで、1時間ほど息子は寝落ちしました。その日、息子がはじめて拝聴したコンサートはオンデマンドの府中のコンサートで、コンサートを拝聴したその晩、それまで赤ちゃん言葉だった息子が、はっきりと「ママに会いたくて寂しかった。何度も電車に乗って会いに行こうとしたんだよ。」はっきりと伝えてくれました…二人で大泣きしました。
子どもは、両親の本音が聞きたい。先生のアドバイスを常に念頭に生きるようにしています。
現在、元夫とは其の後、親権停止の申立てを家庭裁判所にて受け、現在もまだ長引いており、思うようにいかないなと若干悲観的になっておりましたが、大丈夫だと、未来は明るい。と本日、そう確信いたしました。受講生の天田敬子さんより、受講生の鈴木弁護士をご紹介いただき、管轄外の案件にも関わらず、快く相談にのってくださり、アドバイスをいただいています。おかげさまで、ChatGPTで陳述書を作成し提出できる知恵がつきました。
この件から福祉の本質とは何か深く調べるようになり、経済の仕組み、資本主義の在り方など深く探究するようになりました。経済の仕組み資本主義の在り方、この30年間の日本と社会と世界の仕組みを理解できるようになって改めて、先生の先見の目の凄さに感銘を受けると共に、深い感謝の気持ちが溢れます。
結婚や夫婦とは何か、ジェンダーとは何か理解できるようになること、これが私の次のテーマだと、まだ受講したことの無い、ジェンダー論に参加を決意いたしました。

運命解放していただき、やっと蛹から羽化できる、そんな本日でした。
息子は本年受講の決意表明をしました。

大切な人を守れるように強くなりたい。息子はそう明言して眠りました。

私も母と子どもたちが幸せに生きる社会を創れる存在となりたいです。

長々と大変失礼いたしました。いつもありがとうございます。

 

KEIKO KOMA Webサロン
仙台 電力ホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
レバノンより
KEIKO KOMA Webサロン
人間の本質