KEIKO KOMA Webサロン

Great Turning Point


いだきしん先生が動き出される今、自分はどう生きるかの答えを出し、この数ヶ月間の講座、コンサートに臨んでいましたが、昨日の大ジェンダー講座での先生との対話で自分の答えが一気にグレードアップされました。

人類史初の生命として生まれられ、膨大な困難艱難を乗り越え、あらゆる存在との対話、時には喧嘩!?を経て世界を変えるために日々、瞬間瞬間に全生命を賭けて来られた いだきしん先生を理解するのは無理です。固い頭は平成元年の出会いの後しばらくは「先生を理解すること」に囚われていました。ある時、それは無理なこととわかり、同時にわたし自身のことも他者に理解してもらうことはできない、とあきらめました。「あきらめ」から真の自分の探求がはじまり、自分の資質を生かすこと、社会で実現するために自分はどうするか、の答えを見出す社会実践をはじめました。そこに至るプロセスもその実践の途上も先生が常にすぐ側におられる体感でした。

「今年じゃないと間に合わない」と感じていた真の自分への入り口にはどうにか立つことができました。しかし、それも昨日 一人一人の側に寄り添われ、みなさんの話を聞き続けられた大ジェンダー講座でのいだきしん先生に助けていただいてのことです。ジェンダーのわたしの課題を明確に言っていただき、即座に答えようとしましたが「多分」とか「覚悟」という言葉が出た瞬間に自ら気づきます。先生との対話でしかこのような理解ができない貴重な場です。愛の真髄を経験させていただきました。ありがとうございました。

「過去を捨てる」「過去を切り離す」との いだきしん先生の宣言がどれほど怖いことか!?この人類史の大きな分かれ目を感じられるのは 「いだき講座受講生」だからです。神界ネットワークが共にある「生命中心のコミュニティ」がどこから現れるのか?全くわかりませんが、特別養護老人ホームを世界を変える場、生命の解放、交流空間を創造する社会事業として実践されていたこと、それは「まちづくり」だったということは今は理解できます。

いだきしん先生が列島を歩かれ、世界を歩かれて、先生に出会われた方々とのネットワーク、結い直しによる新しいコミュニティ創造に大いなる希望を感じます。地域ケアという言葉もアントレプレヌールサロンでお聞きし、情報化社会を生かした列島ケア、世界ケア、宇宙ケア・・・、へと広がることが想像され、パッションによる創造力はさらに高まります。
ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
琵琶湖「高句麗伝説」を聴く会
KEIKO KOMA Webサロン
外は雨で寒いですが……
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山より