KEIKO KOMA Webサロン

All in One 人間への応用


新型コロナウィルスによって一見大きく変わりつつあるように見える日本、世界。しかし、パラダイムシフトは実は何も変わってないとのご指摘は身近な人々や地域、社会の動きが止まっていることで感じ、納得します。コロナが生んだ状況で政府や自治体、医療機関、企業なども含めて個人も法人もこれまでやってなかったこと、やれてなかったことがバレバレになったものの、この新たな状況に立ち向かい、何かを変えていく力も見出せず、この社会の空洞の様相が実態であることも強く感じるところです。

今回の応用コースで最も印象深かったのは いだきしん先生が作られたデイケア、ショートスティ、入浴サービスなどの仕組みができたことで日本中で助かった人達、仕事になった方々、できた施設、・・などなどを経済的に計算すると国家予算の数十倍!! もの金額になっているということです。そういう計算を官僚をはじめとして、当時、誰も理解できなかったこと。経済効果だけでなく、勿論その仕組みによって最も助かった介護に携わる女性の方々や支える地域の方々が完成するまで全くその姿を想像もできなかったこと。完成し、うまく回り始めた途端にその成果、成功の果実に我も我もと群がる輩の話は昔も今も変わらないこの国のカタチと感じます。

そして都会人が憧れる「田舎」の実態、共同体の正体を意外なことに津軽のセーラー服が似合う純朴な女子高生達に先がない、という大変シビアな現実として話されました。こういう時代だからこそ、純朴な人間性が活かされるのでは?とわたしは考えていましたが、いつもながら先生の深い洞察力によって真逆の現実を知らされ、自分が構想していたビジネスについても深く考える機会となりました。人間活動、社会状況、世界の動向を正確に把握するためには先生のお話をしっかりと伺うことなくしては成りません。

先生が何かされる時の動機はいつも明解です。ご自分とご家族、いつもスタートは人間の最も根本の存在、関係から紐解かれていかれます。自分のことや家族のことから始まると最初は誰にでも身近な話でとてもわかりやすいのですが、結局、ご自分のことを探求し、ご家族を守ることにとことん向かっていかれると、「自分」を超越され「自分」が無くなり、遂には「世界」の問題に取り組まざるを得なくなる、ということは何度も何度もお聞きして理解していますが、実践することは並大抵なことではないことも重々わかります。
いだきを創られたプロセスは人間社会の基礎である、ご自分、奥様、ご家族のことからはじまり、地域社会、日本、世界、宇宙・・、そして内面を探求することで哲学、文学、科学、臨床、福祉、政治、経済、宗教、そして人間社会にある全て・・、まさにAll in One 人間のスペシャリストであられます。

応用すべきは先生が探求され、実践されている生命のあり方、人間としてのスペシャリストである生き方、All in One パラダイムシフトにあるということを4回の応用コースにて総合的に理解させていただきました。
いつもありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
第一弾新五女山コーヒー
KEIKO KOMA Webサロン
結工房 高麗屋にて 「縄文」
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山より