KEIKO KOMA Webサロン

3月21日


昨日、日中にうつらうつらと寝ていたら、何とも言えない暗示的な夢を見ていました。海外での高句麗伝説コンサートの集合場所に着くと、何と事前レセプションも終わり既にバスは発車後でした。受付で慌てて事情を話すと「諦めろ」と。泣きながら横を見ると、他の仲間が手続きをしており、助かったと喜んだのも束の間。私がトイレに行っている間に、皆出発してしまい一人取り残されてしまったのです。必死で雨上がりの路面を走り、高い塀をよじ登って駐車場に到着。3台のバスが見えます。慌てて1台に乗り込むと、添乗員の女性が後ろのバスだと言い、慌てて後ろのバスに向かうと、何と発車し始めます。前のバスに戻ろうと振りむくと、次々と目の前で走り出し、絶望的な思いで眺めるところでガバッと目覚め、寝ている場合じゃないと飛び起きました。短時間であまりにも激しい夢でした。突然頭が動き始め、気づくとお金の計算をし始めていました。生活がだらしなくなると、お金の管理もずさんになります。きちんとしなくてはいけないと思いつつも、何か月もズルズルと過ごしていたからです。数日前の夢の中でも「3月21日」との声で飛び起き、今しがたも飛び起き、つい夢の事を考えます。助かったと思いきや、間が悪く取り逃がし挙げ句の果てに、とんでもない結果になる。騒つく夢の内容です。大事な今この時を取り逃がしてはならないと聞こえます。更に緊張しながら向かった、アントレプレヌールサロンでした。先生のお話をお伺いしながら、途中で私が勤める損保の保険の在り方や、今の会社が進んでいる方向性について質問をしようと何度か思いましたが、やめました。全体の未来を創っていないと分かったからです。「必要な時に人は生み出せる。これが余剰になる。自分がどう生きるか。自分の人生、一度きり」先生の声が蘇ります。未来どころか、3月の期末決算の数字をいかに出すか、4月の新入社員の教育をどうするか、5月の10連休対策は・・・目先の事ばかりに追われている毎日に埋もれていては、能力どころか力が湧いてくるわけがないと、はっきりと分かりました。人の欲を満たす時間に集中する事、無駄な時間を省く事を、もっと考えます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
山元町にて
KEIKO KOMA Webサロン
福島の桃
KEIKO KOMA Webサロン
盛岡にて