KEIKO KOMA Webサロン

2019コーヒーカレンダーによせて3


2019コーヒーカレンダーによせて3
前略
五女山で会いましょうと先生はおっしゃいました。
高麗さんの決め台詞です。
台詞は同じでも、アンコール毎に内容が違います。
「生まれてきて良かったね。ここに集えて良かったね。涙に、云々」の上の句があり、1拍あって、その瞬間に下の句を、みんな個人個人頭で考えさせられて、結びの「五女山で会いましょう。」の台詞です。

狛江で、「それでは良いお年を。」と先生はおっしゃいます。2時間で1年とはいわず何十年分整理し、やりきって総括し、どうするかを示されて、の、〆のお言葉です。

銀座2日間から三鷹では、一部の頭から、高句麗が現れました。驚き、震え、感動、感謝、感激。その後のほんとの、これでもかの(高麗さんのおっしゃるアリラン)演奏では、もう動じないつもりが、最後の方では、めろめろになってました。とにかく、ありがたいことです。
もとえ。
高麗さんの詩も、監督の映像も、シンセサイザーほか楽器も音響PAもなかったのですが。今日は一人高句麗伝説のようになったのです。素晴らしい。

きょうのお礼に、
けんしん郡山、高句麗伝説に、みんなで集いましょう。

先生、高麗さん、監督、先輩(前回書き込み忘れたので、今日のチケットを、そっぽ向いてもぎって頂いたのですね。が、世が世なら、また、成長されたあかつきには、私のチケットをお手に取って頂く事もない事でしょう。「しょうがないよ、魅力ないんだもん。」と、先輩の心の声が聞こえます。絶対、振り向かせてやる。どうやって?将を射んと欲すれば先ず馬を射よ、馬ってだれよ?ますますわからん。でも、長い付き合いをさせて頂いて。「付き合わん。」確かに。)スタッフのみなさん、みなさん、いつもありがとうございます。

草々

ps.帰り、今日は時間がありましたので、会場からバス通りと八幡さんを越えたスーパーの前の小道を三鷹駅に向かいました。下連雀にあるハルピンという中華やさんの垂れ幕に35周年とありました。当時、家のそばで、窓口で美味しい肉まんが一つから買えたのでよくいただきました。ぎょうざもおいしかったので、三鷹にお住まいのの方最近のハルピンの味を教えてください。旅行で京都でお会いした方が、三鷹にお住まいで、そのご縁で関前に2年下連雀に2年住みました。この路地を歩ける不思議なめぐりに感謝いたします。

KEIKO KOMA Webサロン
福島の桃
KEIKO KOMA Webサロン
パリ展示会 Espace Cinkoにて
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山お茶室にて