KEIKO KOMA Webサロン

14歳の子どもたちと


高麗さんが、コンサートメッセージ『命』を読み上げて下さいました。
一言も聴き流してはならぬと言う気持ちで、メモを取っていました。
先生の命の演奏をお聴きしていると、14歳の子どもたちのことを次から次へと考えてしまいました。
私は現在14 歳の子どもたち200人くらい担当して、働いています。
体育祭が近いので、14歳たちと走ったり、笑ったり、おしゃべりしたり、熱中症になりそうなほど、ともにフラフラになって動いています。救急搬送された子もいます。
高麗さんのマーブリングを着ていると、子どもたちも嬉しそうです。
高麗さんのマーブリングは、自分の好きなことを連想すると14歳の子どもたちは言っています。
先生 高麗さんが作られたネックレスも気になって仕方がないそうで、寄ってきます。
京都から夜行バスで帰ったので、今日も子どもたちと走り回ってきます。
コンサートで根源的な力をいただき動きます。
ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
氷上、ニコニコしています。
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館より
KEIKO KOMA Webサロン
仙台にて