KEIKO KOMA Webサロン

1月ラスト


夜勤明け直行スケジュールの本日、ヘルパー仕事で着ていた服を上から下まで全部トイレで着替えて参加しましたが、体の疲れは残っていて、頭の芯がボーとしていて、こういう状態で席に座るのも申し訳ないと思いながら、参加させていただきました(次回からもっといい状態で来ること考えます)
第一部テーマ、貧。この解決は私の悲願。この問題に正面から向き合って下さり まことにありがたいです。
辿り辿れば。人が人を使用、使役することから、かもしれない。価値ある事が、本当の価値が隠されたからかもしれない。

「いる」ということの深さ、広がり。
大自然が育んだ人間、という真摯な事実、ひたひたと寄せて。
しかし状況は厳しく。
現代人は自覚できず。自覚できるまでもっと厳しくなる気配。
先生のお姿が際立って。
とんでもない人がいる。
人間の可能性、次元が違う超可能性、はじめて開示してくださっている方が目の前におられて、もくもくと激しく音を奏でる。
「愛」ではなく、「愛する」。

コンサート終わってから珍しく頭痛に襲われ、本当にしょうもない頭です。高麗さんが「みんないなくなってしまう」とおっしゃったようになってしまうのも当然のこのアタマ。
コンサート中は自分の内臓が下がっててダラっとしてると感じました。コンサート後半から拍手をする頃には内臓がぐっと上を向いて全部元気に湧きたって喜々として元気でした。愛するとは、元気な事、健やかな事、心豊かな事も、全部身体で支える。全身で行う、全身で考える。

1月最後の武蔵野コンサートありがとうございます。2月が始まりました。新しい月、よろしくお願いいたします。

 

KEIKO KOMA Webサロン
外は雨で寒いですが……
KEIKO KOMA Webサロン
フィルハーモニー会場にて 2
KEIKO KOMA Webサロン
京都 高麗屋にて