KEIKO KOMA Webサロン

高句麗の風


ただ今、三鷹コンサートに向かうべく、バス停にて高速バスを待っておりました。高麗さんの書き込みを読み始めますと、背後からダイナミックな風が吹き始めました。今朝から馬の絵を2度目にし、意識したのは高句麗軍団の美々しい姿でした。その風は高句麗の風と感じました。その風が吹き始めますと、心臓の裏がズキッズキッと針を刺すように痛み出し、胸の奥の魂の震えが涙となりました。その時、高麗さんの高句麗軍団の書き込みまで読み進め、さらに魂が共に在る喜びに震え涙がにじみました。
なぜ、私のようなものが、このような有難いことを感じることができるのだろうか?
と、自分の経験を疑いましたが、心臓の力強い震えは紛れもなく存在します。
本日、三鷹コンサート参加を決められたことに感謝いたします。ありがとうございます。ひたすら向かいます。

高橋由珠

KEIKO KOMA Webサロン
おやすみなさい
KEIKO KOMA Webサロン
ミュージアムにて
KEIKO KOMA Webサロン
ウラジオストクにあった高句麗の壺です