KEIKO KOMA Webサロン


3日間にわたるコンサートをありがとうございました。3日目である三鷹コンサートの当日は爽やかな風吹く気持ちの良い一日でした。カラッとした空気に強い陽射し、そして爽やかな風。どことなくブルガリアで感じた風を想い出し、永遠の生命をわかり生きたトラキアの魂を想い起こし、日本にいても世界的に生きていける風に未来を感じてました。五女山から始まり三鷹に連なる高句麗人の存在。昨日の風のようにカラッとして清く潔い気質こそ、これからの日本に必要であり、要とする気質です。一部で先生がお召しになられたお着物は私ももしかしたら高麗さんのお兄様のお着物かなと想っておりましたら、実際にそうだったようで、会ったことのない高麗さんのお兄様に会えたようで嬉しいです。以前購入した先生焙煎のコーヒーのマーブリングパッケージがちょうどお兄様のお着物と同じで色合いで、もちろん捨てることはできず、大事に飾ってあります。三鷹コンサートは他にはない、高句麗的コンサートになっていき、さらに風のホールは音が近く、一体になれるので、好きなホールです。終盤でのリズムははじめて先生のリズムとひとつになれたと感じました。先生のリズムを身につけて生きていければ、これからはどこにいても、要で生きていけると感じます。生かされているからこそ生きていける、その要となる生命のリズムです。真のはじまり、3日間のコンサート、ありがとうございました。

KEIKO KOMA Webサロン
リム グジスペシャル
KEIKO KOMA Webサロン
高麗恵子スカイロケットセンターにて
KEIKO KOMA Webサロン
山元町 結工房にて