KEIKO KOMA Webサロン

迷う時間


スカイロケットセンターに向かって、表参道に早めに到着したにも関わらず40分もうろうろと道に迷い続けた昨日でした。高麗さんのお見立ての時間に早く行って、新しい出会いを求めようと張り切っていた気持ちが焦りとなります。落ち着いて地図を見ていれば間違うこともなく、後で一人笑ってしまいました。最初に右折する道をそのまま直進し、ありとあらゆる細道を左に曲がっては戻り、汗を拭きつつ時計を眺めていました。いつもなら早く行かなきゃと焦る気持ちが強くなったり、早く人に聞いて走っていくと思うのですが、なぜか迷っている時間が楽しくて仕方がないのです。思わぬところで花と出会い写真を撮ったり、人のいない裏の細道を探検しているかのように、ワクワクしている自分が嬉しいのです。強い日差しの中、一瞬自分が今どこにいて、何をするためにここにいるのか目的が分からなくなります。それなのに、幸せでした。やっと一本通りが違うと気づき歩き始めたら、またしても見つかりません。何度も同じ道を往復しては首を傾げ、素敵な扉の洋服屋さんに入って道を尋ねました。若くてかわいいその女性は、スマホで調べ一緒に外に出て指をさし、あの辺りのはずと親切に教えてくれます。さっきから往復している所でした。お礼を述べて落ち着いて歩き、右を見たら高麗さんの車が目に入り、やっと辿り着きました。

安堵の溜息と共に中に入ると、あちらに展示してあると教えて頂き、汗をぬぐう間もなくひょいと覗いたら瞬時に高麗さんと目が合い、手に持たれていた服を、「藤原さんに似合うかも」と言って手渡されました。あまりにも急でよく分からないまま、「鏡で当ててみて」と仰っていただくままに覗いて見ると、斬新なデザインのOP姿が映っています。瞬間あまりにも斬新な形だったので、「着られるかな、体型は大丈夫かな」と頭の中でグルグルしながら迷っていました。その後、「マーブリングの草履が出来ました」と声をかけて頂き、手渡された草履を見た瞬間に全てが決まったのです。今まで見たことのない美しく輝く草履を見ると同時に何かが大きく変わり、選んで頂いたこの服を着てロシアのコンサートに行くと見えました。すべてが一転し、あとは嬉しくて嬉しくて堪りません。躊躇するものをぶち壊して頂くために、新しい自分との出会いを求めていたくせに、無駄なグルグル頭の時間と分かるひと時です。
同じ迷いでも発見の時間と無駄な時間では、こうも違うものかと驚く発見です。次回は道を教えてくださったあの女性の、素敵なお店に行ってみようと思います。高麗さん、素敵な服との出会いをありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
マドリード ギャラリーにて
KEIKO KOMA Webサロン
モスクワにて
KEIKO KOMA Webサロン
グジ モルモラ ウォッシュドです