KEIKO KOMA Webサロン


尊い経験をしてからの日常は一つ一つ考えらようになりました。余計であると感じることをやめ始めています。動きの要である腰が重く、動きが足りないと受け止めてます。足りないのは表現であります。京都から戻られ、すぐに東北へ向かわれる先生、高麗さんの動きについて行けるように東京で動きを作ってゆきます。

KEIKO KOMA Webサロン
比叡山 お茶室にて
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センターにて
KEIKO KOMA Webサロン
仙台にて