KEIKO KOMA Webサロン

表す時


仙台コンサートを経験し、マルシェで販売の場に立つと人や状況の危機を恐ろしいほどに感じました。同時に自分の弱さや発信力の足りなさも自覚し、発信しながら強く人が助かる道に出会えるように生きると心が決まります。力をつけていかないと自分も生きれなくなる危機を感じ、能力をあげるよりなく、能力をあげることと生きることはひとつと感じました。一人一人経営のことを身につけていかないと生きていけなくなる時代がくること、能力をあげることをお話くださった9月のアントレの内容が働く中で経験を通し生命で自覚する機会となりました。10月のアントレの内容ももっとわかっていけるように生きていく気持ちになり、翌日は、人からの依頼で仕事を受け販売に立ち、すべて売り切り完売にする経験をしました。売れるか売れないかはすぐにわかり、通じる経験をさせていただきました。それはコンサートチケットの販売に取り組んだからとすぐにわかります。人間の本質、最も大切なコンサート、先生と高麗さんを伝えることは自分自身の在り方よりなく、通じない自分を変えていくことばかりです。その中で自然と能力があがっていて、他のことは驚くほど簡単にできるようになっているのは、今回の完売以外でも最近経験しています。要にあるのはいだきで、他がどれだけ出来ようと最も望むのは先生と高麗さんを伝えることで、それに未来と希望を感じます。未来や希望があることを多くの人に伝えたい気持ちがさらに仕事への動きにも繋がっています。そんな気持ちでいたら、仕事を依頼された方から連絡が入り、注文していただいたアクセサリーと共に入れていた新しく作ったチラシを見て、私に感じていたことの謎が解けたようですーっと心が通じ、生命が繋がったのを感じました。アクセサリーの屋号ピュアメッセージで表現していること、高麗さんとの出会い、私のプロフィールが書いてあり、いだき講座を受けたことから今に至ることを書いています。それが人に伝わったことに感動しました。これから出会える人がたくさんいる希望が生まれます。堰き止めている状態や場面もいくつも思い出し、人といつも生命通じ生きていけるようになりたい気持ちが生まれます。その方は今週の高麗さんの東京での講演会には来れませんが、その方をはじめこれから出会う人がコンサートや講演会、講座へと生命助かり、生きる道へ来れるように理解深めたく、9日に開催される東京での講演会に参加させていただきます。

高麗さんの書き込みから、いだきや先生、高麗さんのことを正しく伝えられる理解、姿、表現となっていくように新たに取り組む時をいただき、真にありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
狛江エコルマホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
ドリップパック用
KEIKO KOMA Webサロン
いだき京都事務所にて