KEIKO KOMA Webサロン

落ち葉のダンス


比叡山から京都に降りる山道にて、落ち葉が風に舞う風景を見、「落ち葉のダンスが盛んな季節になりました」と心の中で口ずさんでいました。10代の頃に書いた詩のフレーズです。「麗花」の詩集にも載せていただいている詩です。何十年経ってもこの季節になると、この表現が生まれることに人生を想います。突然、亡き父がここに居るように感じ懐かしさに胸震えました。同時に車の中で流れる「高句麗伝説」から「父」と詠む私の声が聞こえ、感動に胸震えました。魂共に生きる人生であることは昨日の魂の詩会でも深く感じたことであります。それも今は魂総動員と感じます。

京都の街は終わり行くエネルギーが立ち込め、気を抜くと、寂しくなり、心が曇ります。御所南高麗屋の近くに行くと、スタッフが待っています。今日は、近辺の駐車場が何処も満車で困っていたところ、一台出たので私が来ればいいと待っていたら、来たのでとても喜んでいました。いつも、このように恵まれた巡りで順調に行動することができます。今日のように、心が曇っていてもはたらきかけを受けることができ、ありがたさと申し訳ない気持ちで、まわりと一緒に心曇らせている状態を一喝しました。生命が光輝く時、世界中の人とつながることが見えてからは生きる一瞬一瞬がとても大切であるので、どんな時も内面豊かに明るく生きることを心がけています。街を歩く時、暗い空気を吸い込んでしまうと、一遍に心曇る反応や癖を直ちに治さねばならないと気持ちを引き締めます。

高麗屋2階にてのお告げの会にて見る御所の木々の葉が落ちる光景の風情あふれることに感動します。私達の内面と呼応するように同時に変化する様が目に見えるのです。黄色に染まる木の葉が雨が降るように舞い降りてくるのです。そして生まれてはじめて、黄色の木の葉と黄緑色の木の葉が、重なり合い、新しい芽のように初々しいエネルギーあふれている光景を見ました。今までは何を見ていたのかと、目が覚める光景でした。秋をあらわす特製スイーツと共に五女山珈琲を頂くひと時は幸せな時です。今日は、五女山珈琲を淹れている時、東明王様がずっと現れました、原点に戻ることを体で教えられ、感謝よりありません。

幻のkoguryocafeでは、受講生と、初めてお越しになる方が、とても和んだ雰囲気で珈琲とスイーツを愉しんでくださいました。初めての男性が、生命の詩を書いてください、とおっしゃいました。すでに珈琲をお出しした後でしたので、いつも珈琲と対話しながら、珈琲からのメッセージを詩に書くのですがとお話し、何かお話してくだされば生命の声を詩に書かせていただきます、と申し上げました。今後の人生についてお話くださいました。その時に聞こえたメッセージを詩に表しお渡しさせていただき、夜の講演会をお誘いすると、お越しくださることになりました。うれしい巡りです。京都高麗屋は一ヶ月に一度、1時間半だけ幻のkoguryocafe をさせていただきますが、いつも面白い出会いが生まれます。いきなり高句麗伝説のチケットを買ってくださる出会いも起こります。今日もお二人の方が琵琶湖の「高句麗伝説」にお越しくださることになりました。魂の御縁が生まれる高麗屋です。うれしい気持ちである時、外は雪が降っているに見え、初雪と叫んでしまいました。よく見ると、木の葉が舞い降りてきたのです。ニュースで、昨日は盛岡に初雪が降ったと報道していました。例年より13日遅いと伝えていました。ウエブサロンでも北海道にも雪が降ったことをお伝えくださり、青森ではサウンドシステムをハウスに移動したら雨が降ってきたとお伝えくださり、場は違っても共に生きているぬくもりを感じ、ありがたいです。ロシアやスペインからも私が昨日アップした八坂の塔と月の写真と詩に生きる価値を見いだすというコメントが寄せられていたとの報告を受け、日本だけでなく、世界中の人と感動を分かち合えますことはうれしいことです。

高麗屋を出ると、御所の上に満月が現れ、あまりの美しさと歴史的なドラマッチックな光景を見、皆で歓声を上げました。昨夜も歴史的光景にたくさん出会い、たくさんの魂が共にあることを自然の織りなす様々な光景から見ることができます。

毎日見る世界中のニュースが悲しく、なんとかしたい気持ちばかりがこみ上げ、涙までこみ上げてしまいます。私には解決の道が見えますので、もっと早く動くことを心がけるよりないと肝に命じ、明日からも成長できますことを望みます。京都での応用コース、「存在論」が救いと感じ、大変ありがたいです。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
高麗恵子スカイロケットセンターにて
KEIKO KOMA Webサロン
「胎動」第2弾、第3弾
KEIKO KOMA Webサロン
ウラジオストク KOMAギャラリーにて