KEIKO KOMA Webサロン

自律


夢か現実か、どちらにしても頭の中から支配コントロールするものが抜けていました。3歳の頃から先生に出会えるまで、毎日痴漢に遭う巡りであった私は、された、という意識が強いです。先生にお会いした当初、自分がしたのだ、と言われた時はとても認め難く、抵抗しました。私は被害に遭った方であると訴えたい気持ちが強くありました。先生から、台風で木が倒れた時、倒されたとは言わない、倒れたと言うように、人間も全て自分がしているのだというお話を受け止め、受け容れる事が出来てからは、人生は完全に変わり、大きく拓かれました。以来、出来ない人の表現を聞いていると、自分でしているという意識ではなく、全ては人やまわりのせいにしていることが見えるようにわかりました。私は、過去にされたという意識でいたことも自分でしたのだということが夢で気づかせていただき、多くに気づきました。いだき講座を受講いただければ、みんな人間とし生きる意味がわかり、それこそ、存在を証明できる人生を生きていけるとわかり、皆に受講を進めてきました。わからない人のことは理解し難いことでした。わかれば幸せに生きていけるのに、という思いが強く、思いを通そうとすると、ややもすれば支配しコントロールする意識が強くなる傾向があるのだと気づきました。先生はいだき講座を説明される時、コンピューターに例えていうなら、3歳までにプログラムされた運命を解除し、受講後は、自分で自分の人生をプログラムし生きていく講座とお話されます。自分でプログラムし生きる主体性を受け容れてゆかれることは、真に自由な関係であり、人間をコントロールしない先生の在り方に畏怖を覚えます。この世の中は支配、コントロールによる関係よりないと身をもってわかる私は、真に自律する生き方を常にお伝えくださっていることに、改めて驚喜し、感動に震え、迎賓館へと向かいました。

先生の演奏をお聴きしている時、この世の愛は支配、所有、コントロールする関係であり、悪魔、魔物、化け物がたくさん介在し、互いに殺し合う状態が見え、この世界は終わると見えました。先生が演奏されているお姿を見ていると、涙があふれてきました。先生の生命は全ての人の生命とつながっていることが見えるのです。つながっている生命であるのに、先生に出会っていながら生命のつながりを断ち切る人がいることは理解し難いことであります。ちょうどはじまる前に、親や子供の生命を助けていただいている経験をしても、先生以外の人間関係の歪みにより、いだきを離れていく人の事について話す機会がありました。目の前にあるトラブルは、話し合えれば、解決していけることであるのに、目の前のことより見えずに、生命つながっている先生を断ち切ることが何故できるのかはいつも理解できないことです。人間としあってはならないことや嘘や作られた価値観により、人間の関係が切断されていく事等が見えては消えていきました。これからは終わり行く世界とは無縁であるということを生命をもって経験しました。休憩後の先生のお話での第一声は、「この世の愛なんか苦労するだけ、やめちゃえばいい。。。。」でした。まさに所有、支配、コントロールにより作られた人間関係の終焉を見たので、深く合点がいきました。嘘つきは本当に生きていけない時が来ることを先生のお話からも演奏からもよくわかりました。時代は生きるか否かの瀬戸際ということを生命をもってわかります。先生が変わる時は世界が変わるとのお話はとても現実味をもってわかりました。先生が変わったので、先生のことを甘くみていると大変になるとは最近ずっとお話くださっていますことですが、私の目にも見えることであります。人類を救済しようとはたらきかけて下さっている、今まで現れ出たことのない、おおいなる存在のはたらきと見えます。全ての人とつながっている先生を断ち切ることなど人間のすることではないのです。これからは人間の時代が拓かれます。時代が変わったことは日々生きる毎日の変化をもって身をもってわかることであります。先生が変わったので時代が変わったのです。その仕組みもはたらきもわからずして今後は生きていけないことが見えるのです。

全ての演奏が終わった瞬間、皆様にお礼を申し上げ、外へ出る時、突然、「私には最高に強力な武器がある」と心の中で表現しました。迎賓館があり、迎賓館のピアノが最大の武器であります。先生が他では表現できないことも迎賓館では表現できるのです。表現し、世界を変えていくのです。これ以上強力な武器はないと、生まれた言葉の意味は表現した後に認識したのです。突然、胸の内から表現が生まれた瞬間、小躍りしながら走っていました。真の力が生まれました。これからは迎賓館を活かし、先生のコンサートをたくさん開催できれば、世界は変わると見え、心からありがたい気持ちが湧いてきました。

まん丸いお月様が共に喜んで下さっています。八坂の塔へ行くと、ごく自然に高句麗が生まれたように、あるがままにある時、自然に皆が生きていける世界が作られていく光景が見えました。皆で生きていく為に力を合わせ暮らし、国が作られていったプロセスが見えました。これからの動きは素のままに生きる時に新しい国が生まれる動きとなると見えます。

最後にミーテイングをした時、外から見て批判をしている状態は、中心から大きく外れていると見え、今朝抜け出せた私はまた救われたことに感謝しましたが、人やまわりのせいにする意識は今後は自ずと自滅し、生きていけなくなるということがよくわかる経験となりました。全ては自分がやっていることなのだとわかると、生きる力が生まれます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
2周年記念焙煎コーヒー
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター風のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
モスクワに到着しました。