KEIKO KOMA Webサロン

続き


講座、コンサートが開催された夜の書き込みは恐ろしく、いつもエラーばかりが出てしまい、長い書き込みも一瞬にし消えてしまったり、長い時間送信する為に大変な労力を使います。とても不思議なことと感じてきたのですが、生まれて初めての尊い経験からわかったことを書いた時、社会に対しての自分の考えを書く時は必ず消えるのです。今日のコンサートの経験を先ほど無事に送信でき、ほっとし続きを書き込みさせていただきます。

ヤマハホールでのコンサートの夜、どこまでも美しい世界が表現された故と受け止めましたが、私には黒光りした悪魔の目が見えていました。空間は黒く、曇っていました。夢で、苦手な動物がリアルに目の前にいて、それも超アップで目の前に見えましたので、夢でも驚き、目が覚めました。同時に足が攣ってしまい、身動きできなくなってしまったのです。悪夢にうなされたような気持ち悪さで1日がはじまりました。三鷹の地でのコンサートが開催されるので、恐怖の原因が紐解かれ、解決の時であるとも感じ、とてもたのしみでありながら緊張し、コンサートに向かいました。

先生の演奏をお聴きし、埋もれていたり隠れていた存在が表に表れ出る時、自分の内に埋もれ、秘めていたことが表にあらわる喜びを感じていました。長年の口癖ですが、人前に出ることが多く、自分の名も顔写真も表に出していながらも、自分では隠れて生きている感覚があり続けてきたのです。真の自分、力を出しきっていない故と考え、常に表現することを心がけています。昨日のヤマハホールでのコンサートにてイエスキリストの存在に出会い、どこまでも美しい世界にも出会い、引っ込んでいる自分を自覚し、闇に覆われている感覚が残り、夜には悪魔の目が見え、苦手な動物まで夢で現れる経験をし、全ての解決と真の自分を全面に表せる時がきたことを感じていました。表しきっていないので、魔が入るのです。

今日のコンサートは最高でした。いつも最高ですが、今日も最高と表現したいのです。三鷹の地であることもあり私には先祖代々の魂が共に経験しているように感じるのです。高句麗人を受け容れ、生かしてくださった地に心からの感謝があふれ、三鷹の地に先生をお迎えさせていただき、世界を変え、歴史を変え、新しい人類史を創る歴史的大事業であります、いだき講座をさせていただけましたことが全て光に包まれていく光景とみえ、感謝よりありませんでした。来たる三鷹の地にて初めて開催させていただく、5月14日の「高句麗伝説」に向かい、大地が受け容れてくださっていると見え、生命でも感じ、「高句麗伝説」世界を変えると確かな力を得ました。

迫真の演奏の只中で、私は10歳の頃の経験をまざまざと思い出していました。小学校の校内で当時の私は突然ガラスが飛んできたと表現していましたが、ガラスを避けようとし、腕で顔を覆った時に、ガラスが腕に刺さり、スパッと腕が切れてしまい、中まで見える大怪我を負いました。講演会では時折お話していますが、麻酔をせずに縫ったのです。その時の飛んできたガラスを避けようとしている場面が鮮明に蘇りました。もう怖くないと心の中で言っていました。生命狙われる恐怖があったのです。真の自分を出し切れないこともなくなると見えました。先生あらわる世界は何もかも現れます。今日のコンサートにて、生まれた時のことや生まれてきた意味が見え、途中生命狙われる恐怖により闇が入り込んだことも見え、光に変わっていくことも経験出来、これからが真の自分を表し、生まれてきた意味を実現できると見えました。そして世界の平和を実現できることも見え、おおいなる希望と気概、勇気が生まれます。コンサートの経験とは凄いことと、凄いの中身を表現できるように考え続け、表現できるようにします。北上では先生によりアフラ=マズダがあらわれ、ヤマハホールではイエスキリストの存在があらわれ、今日はおおいなる存在、先生があらわれました。コンサートにて畏れ多い存在に出会える光栄なる恵をどのように活かしていけるかも考え続け、実行できるように生きていきます。ただ事ではないのです。先生が表してくださるので、お会いでき、人間としての生き方を学べるのです。危機に在る今、なんとしてでも真っ当に生き、未来を切りひらいていきたいです。

明日はスカイロケットセンターにて講演会をさせていただきます。その後、8時40分頃よりビデオ講演会をさせていただきます。

KEIKO KOMA Webサロン
比叡山へ向かう道中にて
KEIKO KOMA Webサロン
次回へ
KEIKO KOMA Webサロン
仙台「高麗屋」にて