KEIKO KOMA Webサロン

経験を活かす


ボランティアミーテング、ビデオ講演会、アントレプレナーサロン、参加叶い、月に一度の濃密な時です。傲慢な意識が周りの人の足を引っ張っている、他人事を自覚します。全て他人事が抜けきれずにいます。人の命、自分の命、大事にしていきます。気が付くことが先ずは一歩、コンサート満席に責任を持ってと弁明しました、そこに向かいます。

決算書の話は苦手です。税理士さん任せで、おはずかしい話です。これで経営できてる自分はやはり日本にいるからですね。過去、現在、未来、と考えてみます。会社の物語であるとお伺いしたところはうなずきました。働く人と一緒に物語を創ろうというのがわが社の理念にあり、価値ある仕事をやっていきます。戦時下と言う言葉を感じ、後悔ということもできなくなります。前に進むよりありません。尊い場があること、ありがとうございます。 渡邊典子

 

KEIKO KOMA Webサロン
仙台「高麗屋」より
KEIKO KOMA Webサロン
盛岡にて
KEIKO KOMA Webサロン
「全い」