KEIKO KOMA Webサロン

秋風の便り


ロームシアターでのコンサートの次の日、朝に季節は秋になっていました。30日のコンサートのメッセージが魂で、昨日の一部はいのちとのメッセージで、魂といのちを考えていました。いのちは終わる時があり、魂は永遠、、、と勝手な解釈かもしれませんがそう考えます。いのちはコンサートの中で躍動し、先へ向かうエネルギーとなります。

誰もが生きていける社会を考えました。平和実現、先生、高麗さんのいる場がプラットホームでここに戻り、そしてまた出発していく、最強です。この恵みを活かしていきます。

コンサート中に肩をちょんと押された感覚があり、とっさに魂はここにお見えになっていたと感じました。私は介護の仕事をしていますが、お客さんの所へ行くと皆さん喜んでくれます。会いにいくこと、喜びが電波するよう動くことが愛ですね。大きなコンサートありがとうございました。生きる事、死ぬこと考えました。みんな〇でした。 渡邊典子

KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター 風のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
比叡山 迎賓館より
KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて