KEIKO KOMA Webサロン

神々の祝福を


永遠の愛という言葉が地上にあるという事を始まりとして、永遠の愛そのものが生きる希望であり生きる意味、生きる喜びです。コンサートにて一音一音から永遠の愛を経験できる至高の世界でした。
一段と良く響き渡るパイプオルガンと最初から最大限鳴っているアンコールから始まったようなピアノのコンサートでした。
神の次元が現れ、神々や女神が共にある空間で愛の本質がより深く分かり感動の連続でした。それぞれが何者なのか、お互いに発見し合う連続で存在が明確になっていくプロセスに神が共にある幸せは静かに心を充たします。
意識の強さは「愛の流れ」に於いて意味を成さず、存在論とその前に自覚し激しい頭痛と共にすっきり晴れていった頭の働きが全面に現れました。永遠か否かで人を遠ざける事もなく、自然に流動する心を以っていきていけることに感謝よりありません。

今が時間を感じないほど豊かであればそれは永遠であることがわかり、今が不純物なく精密になればなるほど何年何十年後の未来にも本質的には変わらないと知る一瞬があります。永遠の愛を生きることが人間の未来に何より必要と甚く理解します。

神が祝福する永遠を深く知りゆく今を有難うございます。

KEIKO KOMA Webサロン
ウラジオストクにて
KEIKO KOMA Webサロン
グジ モルモラ ウォッシュドです
KEIKO KOMA Webサロン
第2弾 五女山