KEIKO KOMA Webサロン

相対する


昨日はご縁あって空手道場を見学しに行ったのですが、「対戦(試合)」には勝ち負けがあり、一切の言い訳は無用で、ただ、勝ったか負けたか、どっちかしかない、誰のせいにもできない世界であると聞きました。
結局は自分がどう動けるか、しかなく、対戦中はとっさに考えてる暇もなく、普段やってることが無意識レベルで瞬間瞬間なされているだけなので、普段の稽古が大切とのお話にも、なるほどと納得しました。対戦することの意味が、人としっかり相対することと重なり、あらためて、人と向き合うことは試合と同じなんだと はじめて考えました。
そして今日は発達障害の子たちのフリースクール課外授業でしたが、ひとりの子がお金の話をしてズーンと重くなり、それをその場で覆すことができず、これは負けてしまったんだと認識しました。
一つ一つのこと、すべて一つ一つ解決していくこと、イコール勝ち続けることと考えました。お金のことは問題として大きいことだから、、とつい言い訳をしたくなるのですが、言い訳をしたら負けです。
武道教室だと初心者はみんなはじめは弱く、負けばかりから始めて、切磋琢磨、修練を積んで強くなっていくそうなので、私も切磋琢磨、修練を始めればいい。
昨日見た小さい子たちの、空手の稽古をしている姿は邪気がなくて とーーーってもかわいくて愛しくて、それはそれは素敵だったんです。一つ一つのことに、拙くても一生懸命 相対していく無心。これ、最高。
そして子供たちの無心を邪魔しない、つぶさない社会を作ること。

KEIKO KOMA Webサロン
会場前のレストランの店主が突然現れました!
KEIKO KOMA Webサロン
ただいま!
KEIKO KOMA Webサロン
府中の森芸術劇場どりーむホールにて