KEIKO KOMA Webサロン

生命にかけがえのない光


今日は昨年もご招待状を頂きました御客様のコンサートに行って参りました。歌唱とピアノという組み合わせで最後の曲は管弦楽器の組み合わせのオペラというのですか、個性的な選曲に、あまり好きではないクラシックも楽しむことができました。演奏者の皆さんには、音合わせの時にお会いし、アンドロメダエチオピアコーヒーを召し上がって頂いていて、中には、コーヒーの美味しさを味わっても感想も頂いていましたので、胸のうちでは、コーヒーがひとつにつながる空間をつくりだしているようにも感じていたり、去年より楽しむことができ良かったです。ただ、内面を感じ、外国語での歌い手の声は、くくられた自分だけの世界で歌われているように感じ、生命は交流できないことが、壁を作っているようにも感じ、胸奥を感じ、生まれる光に出会えないことが残念でありました。即興音から光に出会えるいだきしん先生のピアノインプロヴィゼーションは、類をみないものであると、この度も感じました。人は光に出会い、生命活性化できる経験が、生きていくために必要であることを改めて感じます。既存の社会と新に創造される新しい社会は、光があるか、ないか、でありますが、既存の社会を感じることから、人類が変化変容し、新しい空間に移行していく術をになっている、先生と高麗さんの存在とコーヒーの存在は、人類をひとつにつなげ、新しい船に乗せて、別天地に運び、私たちの本質を生かしてくださるよう導いて下さる、尊い存在と感じます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
レバノンから救急車の引き渡しの日です
KEIKO KOMA Webサロン
YLKの白
KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター 風のホールにて