KEIKO KOMA Webサロン

生きる糧


待ちに待った月に一度のアントレプレヌールサロンの日は、日本全国からお集まりになる方々とお会いすることがうれしいです。出かける前に、えりかちゃんから「こうまちゃん、あそびましょう」とお誘いいただき、大変残念ながら今日は全国からたくさんの人が来てくださるので、出かけてきます、と言いました。えりかちゃんは、マドレーヌを積み込んだ車に乗る私を満面の笑顔で送ってくれました。心の底から子供達が生きていける地球、社会環境を創りたい本音が湧き出づります。

23日の三鷹、11月1日仙台コンサートに向けてのミーテイングをさせていただき、ビデオ講演会と続きました。お話しさせていただく私は、表現したことの答えがアントレプレヌールサロンのお話しと感じてなりません。私は、人間の生命が綺麗になることが空間も澄み、人間の本来持てる能力が高まり、天才的なひらめきが人類救済の道を作り出すと見え、人間の生命を清め、空間をも清める先生のコンサートを一回でも多く開催することが生きる意味を実現できることともつながり、実現したいと考えています。今は直近の三鷹、仙台と向かっていますが、人類の危機を乗り越えていくまでずっと継続することですので、実力をつけることが必須と考え、本気で取り組んでいます。

アントレプレヌールサロンでは、東北センターでの応用コースにてお話しいただきました永久凍土が溶け始め、水銀、メタンガスは放出される問題から、地球温暖化のことへのご質問に対してのお話しからはじまりました。人間の存在がエントロピーを増大する存在か、否かとのお話により、自分が見えていることが的にハマっていると確認でき、大変希望を見出しました。いだき講座2日目にて生まれつきの運命を解放された生命はエントロピーを増大しないとお聞きし、深く合点がいきます。人間がこのような地球環境を作ったのですから、このような環境を創る状態を改善しないと延々と繰り返していくだけで、いずれは滅んでしまうと見えています。いだき講座こそが人間のあり方を変えていけます。これより可能性も希望も見出せないと毎日考える時に行き着くのです。先生とお会いし、永久凍土が溶け始めていることをお聞きする度、どう考えるかと問うていただくので、常に考えるようになりました。自分の内では最後の賭けに出るような気持ちで、一回でも多くコンサートを開催できるように鍛えていくと決めています。いつ何がおきてもおかしくない状況にあり、改めて先生が今、今の瞬間瞬間を即興演奏されることの意味が甚くわかるようになったのです。即興演奏より人類が生き延びていける生き方は身につかないと行き着くのです。コンサートの経験は人間とし生き延びていける心身を養う訓練の機会です。訓練と言っても椅子に座り、美しい演奏をお聴きしているだけのことですので、訓練とは言えないのですが、自分一人では体得できない経験ができるかけがいのない機会です。生きる上で最も必要な機会を逃すことなど到底できないと考えています。一回でも多くコンサートを開催させていただき、人類の生き延びていける道を作っていくと気持ちは決まっています。

コミュニテイーのお話しも、今日お聞きしましたので、お話しから道が見えました。結工房を中心とし、はじまる動きはある何かになると見えます。成るようにはたらいていくことが人間であると考えます。

利益と儲けの違いも具体的でよくわかることであります。現金があればいいとはやることはとてもシンプルと見え、お金を綺麗にかせぎ、綺麗に使い、良い時代を作っていくことの喜びが生命の内から湧いてきます。決算上は利益が出ていても現金がないことはよく経験してきました。が、先生がお話しくださいましたように自宅から個人事業ではじめたので、銀行から借金することはなく、現金商売ですので、会計の罠にはハマらずに現実を考えることができました。これからも現金があればつぶれないとの一言を心に、仕事をしていきます。

先日見たドキュメンタリー番組ではある発展途上国と言われる国の農村に住む人にお金を貸す企業が入り込み、到底返済できない額を貸り自転車を買い、その自転車に乗り、物を売りに出かけるという人が苦しみを話していました。1日の稼ぎを計算するとどんなに稼いでも返済できない金額でした。連帯で返済するという仕組みを作ったそうですが、人が豊かになる仕組みではなく、皆が生きていけなくなる仕組みでした。死ぬよりないとはそのまま見えました。本来であれば皆が豊かに生きていける為に仕事をするはずが、人を苦しめ、死に追いやるような仕事はあまりに非人間的であると怒りを覚えました。このような非人間的なあり方や仕事が成り立たない美しい空間が全体に満ちていくことが解決の道であると怒りを整理し、行き着き、やはりコンサートを開催するよりないと考えるのです。

パレートの法則も調べてみました。ちょうど今日のボランテイアミーテイングにて、皆が1日一枚販売すれば何でもすぐに完売となるのですが、そうはいかず、いつも私の全員の集計表は、希望数と実数を書き込んでいたことをお話ししていました。たしかに2割の要素が全体の8割を生み出しているとお聞きすれば、その通りです。いだき講座を受講した一人一人が動く時、法則も変わっていくと感じ、この世から脱皮し、今は天才となり生きることに挑戦しています。と言いますのは真の自分を100パーセント活かしても地球の危機を乗り越えられないと見えるのです。120パーセントであれば可能性が見えるのです。120パーセントとは、おおいなる存在、人知を超えた計り知れない存在からの働きかけを受ける時です。講座を始めた頃に、先生から人間が100パーセントやるべきことをやれば、120パーセントの結果が生まれるとお話しいただきました。このことが希望と感じ、いつも困難な山を乗り越える時、人間のやることは全てやっていくと決め、手をみつけては行い、また次の手をみつけては行いと100パーセントを目指し動きました。すると間違いなく奇跡が起こりました。人間としやるべきことを全てやりきることを今、努めています。

地球温暖化と同時にいつ戦争も起こるかわからない状況であるとのお話しには最近のサウジアラビアの記者が殺害されたニュースを聞いた時から、嫌な匂いがし、とても気になる事件で、毎日調べていました。先生がおっしゃるようにすでに懸念すべきことが始まっていると感じます。人間が人間とならねば、人類の未来はなくなってしまいます。皆で取り組むことと考え、今日お話しいただきましたことを理解し、実践し、私はなんとしても現状を突破したい気持ちでいます。強い心身を養うことが大切とおっしゃり未来に向かう体力と知識力が大事とのお言葉を心にはたらきます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
エチオピアからの方と八坂、京都にて
KEIKO KOMA Webサロン
ヤルガッチャフェ
KEIKO KOMA Webサロン
「高句麗伝説」第11弾