KEIKO KOMA Webサロン

琵琶湖にてのコンサート


気になるので表現させて頂きます。第1部心地よいながら空間から茹で蛙と聞こえました。メッセージにて「暫くご辛抱下さい」というようなメッセージがあったと思うのですが、私には辛抱の時間でした。茹で蛙では生きて行けないので必死で聴きました。第2部は首に首輪をはめられているような体感でした。普段表現が不足している由縁と感じます。本音もわからず素直に表現していない由縁です。これからは自分を表現し、茹で蛙は取って頂いたので生きて行かれます。真にありがとうございます。今朝早朝東京のコンサートの動員にと手紙を3通書き上げ投函しました。

KEIKO KOMA Webサロン
京都 八坂にて
KEIKO KOMA Webサロン
八坂 高麗ギャラリーカフェより
KEIKO KOMA Webサロン
こんにちは。