KEIKO KOMA Webサロン

澄んだ青い目


かわいい赤ちゃんでした。バスの中、私の隣に変な独り言をいうイタリアの男性の方が座り、コピーをしたガイドブックを見ておりました。チラリとみると生後間もない赤ちゃんの頭がありました。身体の前に赤ちゃんを抱えていらしたのでした。八坂のカフェを紹介し、先生のことも赤ちゃんが喜ぶ音とびわ湖のチラシを渡しながら話すと、全く周りは気に留めていなかった赤ちゃんが嬉しそうにずっと私を見ていたのが印象的でした。お父さんが「ありがとう」と言われたときの、その赤ちゃんの笑顔の眼差しが「ありがとう」と言っているようで、小さなかわいい命も大人以上に理解していることを改めて感じたのでした。また、ある幼い子供を連れて道を行く方にコンサートのご案内をした後も、立ち去ろうと歩き出すと「ありがとう」とその小さな子の声がし、振り向くとわざわざ振り向いて手を振ってくれておりました。まだ表現が数語の小さい子が、同じくよくわかっているのだと考えるのでした。この子供たちを代弁できるほどに大人に理解してもらえる表現を身に着けないとと感じます。
ありがとうございます。

田嶋利江子

KEIKO KOMA Webサロン
盛岡市民文化ホール 大ホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて
KEIKO KOMA Webサロン
この階段を降りて