KEIKO KOMA Webサロン

渦巻く気持ち


昨日の朝、高句麗スペシャルを頂きました。一口頂いただけでパッキリしながら何もなく潔し、甘みが広がるやさしさに驚きます。先生、高麗さんが仰っていた、強いはやさしいと分かる体感です。少し後に舌に残るピリッとした刺激が、身体のエンジンをかけるが如しで、元気よく出かけました。スパスパと言葉が出て、動ける身体になり全開モードが嬉しい朝です。それなのに、出勤途中ホームの前を歩く人の身体つきが、何とも言えない淀み、鈍さに覆われ、スマートフォン片手にだらしなさを感じ、大丈夫かなと不安になります。最近の職場でも同じ空気感を感じています。一生懸命やっているけれど一人一人の方向性が荒く雑で、自分勝手な世界で時間を費やしているのです。結果として初歩的なミスが多発し、それに関わる無駄な時間と再発防止に追われる。書類管理がだらしなくなり、無駄な捜索に追われたりします。きっちりと行っている人のイライラ感も高じ、負のスパイラルに陥るパターンです。人としての在り方が仕事に現れてしまっています。限界も時間の問題です。いえ、とっくに限界はきているものを、何とか今まで持ちこたえさせてきたのが現実です。昨夜、私の業績が今月ダントツ1位であると知らされました。毎日しんどいながらも積み重ねてきた結果ですが、嬉しさより今後同じことを繰り返すわけにはいかないと、様々な限界が見える中で妙に静まり返る気持ちでした。自分はいつまでここにいるのか、終わりが見える中でいつまで延命措置を続けるのか、自分が今動けることをやり続けることが果たしていい事なのか。自分の中で渦巻いています。7月に行われる3日連続の高句麗伝説の予定を見た時から、その先の自分が見えずにいます。それが何を意味するのか、大きな節目を感じながら1日1日が過ぎていきます。今日、明日と2日間、先生のコンサートが三鷹と武蔵野で行われ5月が終わります。渦巻く自分の気持ちに正直でありたいと、コンサートに向かわせて頂きます。よろしくお願いします。

KEIKO KOMA Webサロン
リムより
KEIKO KOMA Webサロン
京都御所南 高麗屋にて
KEIKO KOMA Webサロン
「高句麗伝説」第5弾