KEIKO KOMA Webサロン

気づき


どうしようもなく息苦しい今の環境ですが、先生に表現させて頂いたお陰で、以前よりもさほど気にならなくなりました。有難いことです。先生、有難うございます。
それどころか、何故?と感じます。からだを痛めてまで、多大なストレスを抱え側にいるとイライラを感じるほど体は悲鳴をあげているのに、なぜ黙って受け入れていくのか。

まさに、9 月3日のヤマハホールコンサートのメッセージにありました人生です。
1人1人の人生です。集団とか社会とかでは見失いがちな人生です。みんなで渡ることくらい怖いことはない時に突入しています。と、感じます。

ウェブサロンの皆様の書き込みを拝見し、誠の自分とは、自分の3歳の時の本音、10歳の時の本音を思い出したい、そして自分が好きなことって何?と自分に問う気持ちで日々働いていました。
ふと最近はインバウンドが多く、それに伴い高校の時に必死で身に付けた英会話が役立っていることに気づきました。
また、人を管理し指導するのは苦手ですが、 複数で集まり物事をコーディネートすることは得意と気づきました。
そして、綺麗なものが好きだと気づきました。

このところのコンサートには、元契約企業だった方をお誘いしている傾向にあります。空間が変わってきたためか、以前よりも力むことなく、説得しようとすることなくお誘い出来るようになりました。つい最近民事再生の手続きを取った契約企業の担当者の方にもコンサートをお誘いしました。
多分以前の私だったら、絶対お越しにならないだろうと勝手に判断していたと思います。おそらく仕事一筋でこられた方とお察しします。でも、心のどこかでキャッチして頂きたいと感じています。

ふと、以前のPR会社に在籍していた時の頃を思い出しました。あの時は無我夢中でコンサートをお誘いしていたなぁと。あの時のエネルギーを経験しているからこそ、仕事でもガッツがあると言われる所以なんだろうなと感じます。

この度、初めて仙台のコンサートに行くことを決めました。アントレプレヌールサロンの後の3コンサートを今から心待ちにしています。

KEIKO KOMA Webサロン
春のめざめ
KEIKO KOMA Webサロン
杉並公会堂 大ホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて