KEIKO KOMA Webサロン

桜道


昨日、やっと裏山の桜を見に行く事ができました。とっくに桜の盛りは過ぎ、人もまばらの中をひとり歩く桜道。今のマンションに引っ越して以来、毎年12年間欠かさずに桜道を歩いた裏山には、亡き父と愛犬Jullyとの思い出が詰まり過ぎていました。毎朝眺めては散ってしまうと思いながらも、一人歩く勇気がありませんでした。それなのに昨日の泣きたくなる程綺麗な青空を見ていたら、自然と身体が向かっていました。裏山への階段を一段一段上って振り返ると、いつも帰り道にずるして階段ではなく側道を歩いていたJUllyが蘇ります。光こぼれる階段道は、まるで知らない別世界のように見えます。たくさん並んでいた桜の木も大分まばらとなってしまい、年月が経ったことを物語ります。桜の花びらが風で舞う道をゆっくり歩きました。不思議ですね。花見と言えば、花盛りを狙って毎年行くのが当たり前だと思っていましたが、こうして歩く桜道にはまるで異なる美しさを発見しました。散りゆく花、生まれる葉、風、光、空、あらゆるものが時を超えて空間ひとつとなり、確かなる存在として顕れています。何てやさしいのでしょう。ふっと振り返り、小さなJullyの目線で屈んで見て驚きました。地面に映る桜の木の影が、散った花びらを満開に咲かせている美しさ。今まで見たことがない光景です。Jullyがいつも教えてくれた小さな発見を、私は今も見つけているのだと気づき、心から嬉しく涙が溢れます。桜か散ってしまう前に行けて本当によかったです。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
高句麗 始まり第4弾
KEIKO KOMA Webサロン
KEIKO KOMA Webサロン
車中から続きです