KEIKO KOMA Webサロン

東北


東北盛岡での超特急な二日間で生きていく力と心身の元気が完全に養われました。ありがとうございます。
結工房からのコーヒーを販売させていただけることになりながら、なかなか東北での販売の道が出来ずにいました。が、不思議なほど山元町と縁のある方と良く出会え名古屋などで販売したコーヒーを持って地元山元町に帰るというお話や、結工房に行ってみると仰る巡りが生まれています。山下駅前と言えば必ず伝わることに、高麗さんが受けたお告げで焙煎工場が立った場所の凄さを感じています。東北の復興の為に東北で活動するだけでなく、山元町で製造されたものを持って運ぶことから山元町で作っていることを喜ぶ人が大勢いることからも、ひとつ力になれると初めて分かった今日です。
「語る会」で、ものを考え、仕事をし、人と生きる事の頭が整理されました。このweb salonでも更にしっかり表現出来ていないと、人や社会の中でどう生きているかの表明が出来ていないのと等しく、負ける証拠を重ねることになり、個人の言葉の良し悪しで済まなくなっていることは厳しくも嬉しいです。はっきりと、時には笑いながら仰ることが恐ろしいほど筋の通るお話なので、どこでも鍛えられない頭の使い方を訓練していただけ、掛け替えのない経験となりました。うそがバレるのはもちろんのこと、一瞬の一瞬まで、一貫していることが必須になりました。
高麗さんの講演会は神様も聴いてると思うほど光満ちています。言葉と生き方のずれがないことが優しいことと分かりました。
紙コップで頂いたコーヒーは平和を体感でき、秋の実りの味がして只々美味しくて、これを一緒に飲めなくなるような生き方や選択、一瞬の過ごし方だけはしてはいけないと肝に銘じました。
今月も盛岡に来ることが出来て明日から元気に山元町製造のコーヒーを届けていけます。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
仙台「高麗屋」にて
KEIKO KOMA Webサロン
すみれの花に
KEIKO KOMA Webサロン
「高句麗伝説」第2弾