KEIKO KOMA Webサロン

東京での一日


東京カフェ高麗屋となり初めての社長室ランチを今日もまた皆様といただき、語らう尊い時は、幼い頃の香りがしたり、古の光景に出会ったりと、魂共にある会話は、他ではできない会話であるとしみじみ感じます。昨日は仙台でお会いしていた方々が大半であり、皆で面白い人生を生きていることに希望を感じます。

私は、岩手県の受講生の方に5世紀の地図を見せていただいた時に見えたことがずっと心にあり、東アジアがひとつにと望む悲願が成る道が見えてきたことがうれしく、予想外の展開となっていることにおおいなる存在を感じます。私はお告げを実行していけばいいだけなのだとも感じ、些細なことであってもお告げは救済の道を創ってくださっていることを身にしみ感じています。些細なことと感じているのは自分の愚かな意識であるということがよくわかる今この時は、お告げは即実行すると決めています。

仙台でも見えたままに実行すると、大当たりと表現したい動きが生まれました。お告げの場にいることはとても楽しいです。たくさんの魂が共に在ることを感じ、心が浮き立つのです。毎日講演会を。。。と見えたことがあります。今日で、5日連続7回開催しています。ビデオ講演会は毎日開催し、表現させていただいています。表現が確実に空間を変えていることが見え、表現することで世界を変えていけるならば、本当にありがたいと感じ、これからも世界の平和を心に表現し続けていきたい気持ちでいます。

アンフィニでのいだき講座では先生が生命を賭けて、いだき講座をしてくださっていることを先生の声でお聞きすると、生命全てに染み渡り、生命全てで感謝し、生命の内は涙が流れます。生命賭けて助けていただいたことを忘れ、自分勝手に生きる愚かな人間は終わるとも見え、先生の存在が全面に顕れた空間の凄さを毎日目の当たりにし、生命をもって実感しています今、今までと同じでは完全に生きていけないことだけはよくわかります。過去に戻ることなど決してできません。先生の存在があらわれている空間では、過去に戻りようがありません。戻ろうとするなら、他の星へ移住しなければいけない程のことと感じる程に、10月1日の「高句麗伝説」をもって完全に新しい生き方が身についています。留まることもなく、行くよりない、という状態を経験しています。

高麗恵子スカイロケットセンターの地下に立つ「高麗」の看板にご挨拶をすると、五女山とここはひとつにつながっていました。最近は五女山コーヒーを淹れると、ここに五女山があり、ここに五女山を創れば良いとのメッセージを受けます。ここが五女山と感じるだけで心がときめくのです。今日も高麗の看板と共に講演会をさせていただき、光栄でありありがたいです。先生の存在に出会ったなら人間は人間になると経験してから、そうならない人は頭が悪すぎるとはっきりと見えてきました。すると、自分の内から動けなくなるような人間関係の絡みやしがらみが消えていくことに驚いています。今の時代はどんどん先を創ることが全ての答えです。時代を先駆け生きていける人生程生きがいがあり心ときめくことはありません。先生の存在があらわる空間では秘めていた悲願までごく自然に現れ、成していけることがとてもうれしく、こんな時が来るとは。。。と共に喜ぶ魂の存在もより感じる毎日です。深夜まで目一杯のスケジュールでしたが無事に終わりました。ありがとうございます。

KEIKO KOMA Webサロン
内面の美しい事が一人の幸せ、世界平和に貢献する、という事をどなたにも必ず話ししています。ここにある作品の全ては内面美しい心に届くのです、と。
KEIKO KOMA Webサロン
京都、八坂にて
KEIKO KOMA Webサロン
結工房にて