KEIKO KOMA Webサロン

本音とは


高麗さんの講演会が毎日3回あります。今、高麗さんが表現する時にいることより自分をわかるときがないと考えます。しかもお告げの講演会ですので全て参加すると決めて参加します。しかし、毎回朦朧となってしまい身体の不調さが顕れてしまいます。本音で生きていない状態です。3才の頃のとき本音が生まれているというお話を聞く時私も高麗さんと同じように毎晩平和をお祈りしていたことを思い起こします。確かにこれは本音です。24時間愛が地球を救うというテレビにいだき先生が演奏された時に突然思い出され、アルコール依存症が治り母までアルコールが飲めない身体となり先祖からの業を抜け出し自由にお酒と付き合えるようになりました。しかし、これが本音と思い込んで固定しているので思いとなり、今を抜け出せずにいます。もっと深く、奥にあるのではと考えます。出会い成長している魂の真があり高麗さんの講演会で掘り起こされると感じます。これが分からなければ生きていけない身体の状態です。生きるか死ぬか

あまりに酷い生き方であったので生まれ変りいだき講座を受けて新しい生命になり、新しい人生を美しく生きたら存在するだけで生きる意味があります。格差が大きいだけ人には、いだきの凄さがより分かると考えると何だかそれだけで嬉しく、楽しくなります。酷い過去の自分も全て良しとなると生きることの素晴さ、存在すること、人間と成ること喜びです。必ず新しい生命体となり、真の自分の光を顕わします。

KEIKO KOMA Webサロン
三鷹市芸術文化センター 風のホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
北緯40度賛
KEIKO KOMA Webサロン
キリマンジェロ