KEIKO KOMA Webサロン

有難うございます


昨日は、久しぶりに書き込みをさせて頂きました。高麗先生の、このWeb Salonがあって、本当に良かったです。最近売り切れている、万葉集にこういう歌があります。
「われもはや 安見児(やすみこ)得たり 皆人の得難(えかて)にすといふ安見児(やすみこ)得たり」

宮廷の誰もが望んでも、手に入れられなかった女性 安見児をわたしは得ることができたよ!
という、驚くほど、率直な率直な恋の喜びの歌ですが、
今の社会について、もうちょっと、こんな恋心くらい、あってもいいんじゃないの?と感じます。
その反動で、「君の名は」のような純愛をテーマにした映画が大ヒットしたのかもしれません。

男女の問題には、悪霊や、悪魔的なものが関わり、争わせようとしてくることを認識しています。
三鷹のコンサートの光を感じて、元気になりました。
有難うございます。

KEIKO KOMA Webサロン
京都 高麗屋にて
KEIKO KOMA Webサロン
船を降り、レバノンの地に到着しました
KEIKO KOMA Webサロン
盛岡市民文化ホール 大ホールにて