KEIKO KOMA Webサロン

最近読んだ本についてです。


お早うございます。

最近、臨終についての本を、読んでおりました。
死ぬ瞬間、一人一人が、全然違う形で自分の人生を顕して、お亡くなりになるという事が、書かれておりました。
以前に先生が、応用コースで、「生きている間も、そうであれば良いのになぁ」と仰っておられたことを思い出します。

とても心に残ったことですが、死を前にして大勢の人が、「恨んでいる人を許したいです。和解したいので、当人を呼んでくださいませんか」と依頼をされるそうです。そして、ベッドで、他人のせいにして生きた人生を悔やみ、涙を流してお互いに和解をしてから旅立たれるそうです。

元気に生きている間に和解をするという事は、本当に辛いし、恥ずかしいし、勇気がいります。
三鷹コンサートの、光に満ちた響きと、ロビーで拝見させて頂いた、高麗先生の大きな美しいタペストリーが、今も印象にあります。
有難うございます。

KEIKO KOMA Webサロン
府中の森芸術劇場 ウィーンホールにて
KEIKO KOMA Webサロン
東京にて
KEIKO KOMA Webサロン
グジ ハンベラ