KEIKO KOMA Webサロン

春の装い


東京カフェ高麗屋の社長室ランチにお越しくださる方は、マーブリングの素敵な装いでいらっしゃるので、今日は、私も春のマーブリング衣装で出かけました。ご参加者がお花をお持ちくださり、テーブルの上に飾らせていただき、皆で楽しみました。ランチプレートも春の装いで見た目も楽しく、皆さまと語り合いながら、ゆっくりと食事を頂けることは人生の豊かな時と感謝します。ここでより生まれない会話もあり、今日はサプライズのお話があり、驚きました。琵琶湖でのコンサートの経験の後、初めての語り合う機会でありましたので、琵琶湖コンサート前はすでに何十年も前のことのように感じる程に、琵琶湖でのコンサートは時代の大きな変わり目であったと感じています。能力が100倍上がり、世界の平和を実現していけると見える今は、真に時代が変わったことを実感します。意識的になろうとしてもなれるものではありませんが、脱皮でき、次元を超える経験をした今は、世界の平和も成ると見える世界から物事を見、考えていけますことがとても希望であり、大きく生きていける自由を感じ、喜びあふれます。

琵琶湖でのコンサートの時に、私には明らかに神の声と聞こえた音を聴いた時、この音が神の声と聴こえない人がいるのでしょうか、と空間からともなく、自分の内からともなく聞こえました。比叡山のお茶室にある制作場にてマーブリングをしたカーテンを見た時、現れ出る模様を見、空間に虹が現れたように見えたのです。虹が出て喜ばない人がいるでしょうか、とふと想いました。この美しい空間を好まない人はいないとこの時も空間からともなく、内からともなく聞こえました。真が現れた時、人間一人一人の在り方がそのまま浮き彫りとなると見える空間となっています。真の表現はし続けることで、全てが明らかとなるとわかる時となりました。先生の生き方が勝利したと感じる場面が多い最近です。先生は、いだき講座もコンサートもわからないと言う人に、分からなければ生きていけない時が来るからわかるよりない、ときっぱりとおっしゃっていたことがいつも私の内にあります。いだきをはじめてから今日までずっとあり続けています。わからない人に取り合うことなく、表現し続けてこられた生き方が勝利したと見える今この時です。先生の表現がわからないということは人間ではないということを自らさらけ出しているのだと明らかに見える空間となっています。特に琵琶湖コンサート後は次元を超えて明らかに見える空間が拓かれています。真に嘘も誤魔化しも完全に通用しない空間となりました。生命偽りなく、正直に生きてこそ、豊かに生きていける時代の訪れに希望を見出し、ここで一気に平和を創っていく動きを創りたい気持ちで生き始めました。次は北上でのコンサートに向かっています。わずかに残るチケットは大変貴重なお席とより深く身にしみ、ほんのわずかな時間よりありませんでしたが、5分間で4枚決めていただくという巡りとなり、大変ありがたく感謝します。空間も完全に変わった今からは、未来拓かれるスピードも落ちゆくスピードも更に早くなったことを実感します。今は、純粋な気持ちで向かっていると、たくさんのはたらきかけがあることを生命で感じ、光注がれていることが体感できます。光満ちる生命で生きることが最も早く平和を創っていけるとわかる今、光満ちる生命で生き、光の衣装を纏い、光の道を創っていこうと向かっています。

何気ないひと時でしたが、東京の工房にて仲間と一緒にいただきました、先生焙煎コーヒーの美味しかったことがとても豊かで幸せを感じたのです。神々しく、深い味わいを更に深く味わいたく、大切にひと口ひと口いただくと、真に更に深い味わいとなるのです。神様と出会ったようでした。なんて素敵なコーヒータイムであったことかと感激しています。生きる瞬間瞬間がおおいなる存在と共にあり、光満ちる生命で生きていけることは幸せです。

今日となりましたが、東京高麗屋にて再び「高句麗伝説」上映会サロンを開催します。超満席です。その前の午後5時半からビデオ講演会をさせていただきます。ありがとうございます、

KEIKO KOMA Webサロン
リハーサルの後のフィルハーモニー舞台にて
KEIKO KOMA Webサロン
迎賓館にて
KEIKO KOMA Webサロン
レバノン大使公邸にて